渡辺直美『カンナさーん!』ついに最終話“ダメ夫”が借金5000万の波乱展開

写真拡大

渡辺直美主演の連続ドラマ『カンナさーん!』(TBS系列、毎週火曜22:00〜)。9月19日に放送される最終話では、カンナ(渡辺)に再びプロポーズをするつもりの礼(要潤)に、大事件が発生する。

本作は、雇われファッションデザイナー兼主婦のカンナが、家事や子育てをこなしながらさまざまな困難に立ち向かう姿が描かれるハートフルエンターテインメント。離婚したイケメン夫・礼と関係を修復していく中、自社ブランド「ガーリー・セバスチャン」の閉鎖が決定し、デザイナーは一人だけ新ブランドに移れることになった。その座をかけて、カンナは同僚の翔子(トリンドル玲奈)とデザインコンペで真剣勝負。そして自分らしいデザインにこだわった結果、カンナは職場を去ることになった。

デザインコンペの結果に悔いはないものの、デザイナーとしての再就職は難しく、何社にも断られ続けたカンナ。そんな中、愛息子・麗音(川原瑛都)に初恋の試練が訪れた。転入してきた女の子のことが気になるものの、なかなか声をかけられないでいるのだ。そんな麗音を、カンナと保育士の青田(工藤阿須加)は温かい目で見守る。

その一方、大きな仕事を終えて「やっとカンナと麗音を迎えに行ける!」と喜んでいた礼に、大事件が起きていた。クライアントが倒産し、礼が社長を務めるCG制作会社が5000万円の借金を抱えることになってしまったのだ。礼は取引先への支払いのため、父・徹三(遠山俊也)と母・柳子(斉藤由貴)にお金を貸してほしいと泣きつくが、徹三は心を鬼にしてその申し出を断る。また、柳子も礼にある決断を迫る。

何社に断られ続けても、「ピンチの後にはチャンスがあるはず!」と信じて仕事探しに奔走するカンナ。頑張りたくても頑張る場所がない、そんなカンナの目に飛び込んできたのは、工事現場で生き生きと働く沙知(高橋メアリージュン)の姿だった。「今を逃しちゃいけない」と思ったカンナは……。