いろいろなアレンジコーヒーメニューを楽しめるほか、おうちでラテアートも!

写真拡大

小さめのカップに注いで、たっぷり砂糖を入れ、時間をかけずに飲むのが本場イタリア流

カフェのコーヒーメニューは魅力的なものばかり。もしお店で出てくるようなメニューをおうちでも楽しめるとしたら嬉しいですよね。そんな願いを叶えてくれるのが、デロンギの「全自動コーヒーマシン」。買ってきた豆と水をセットするだけで、挽きたての香り高いエスプレッソがいつでも楽しめます。そこで今回、実際にデロンギの公認バリスタである阿部圭介さんからエスプレッソについて教えてもらい、このマシンの魅力を体験してみました!

 

■ そもそも“エスプレッソ”って何?

エスプレッソは時間をかけて自然に抽出するドリップと違い、圧力をかけて一気に抽出するコーヒー。コーヒー豆の油分によるムース状の細かい泡の層“クレマ”ができるのが特徴で、いわば「一番だし」のようなもの。このエスプレッソの味が、どのアレンジレシピにも大きく関わってきます。

味が濃く、ドリップに比べて少しトロッとしているエスプレッソ。美味しいけどカフェインもかなり多いのでは、と思っていたのですが、実はドリップより少ないと聞いてびっくり! カフェラテにする際にはミルクをコーヒーの5倍入れるため、量に対するカフェイン含有率はさらに下がります。なので、意外と夜に飲んでも平気なのだそう。

 

それでは早速、マシンを使ってエスプレッソを淹れてもらいます。

 

■ おうちで簡単にできる「フレーバーカフェラテ」

また、砂糖だけでなく、様々なフレーバーシロップやお酒を加えることで、よりバリエーション豊かなカフェラテが味わえます。

ちなみに、阿部さんのお気に入りのコーヒー豆は、インドネシアのスマトラ島で生産されている「マンデリン」。ハーブのような独特の風味があり、すっきりとしていて食事にも合います。エスプレッソに向いているのは、苦みと酸味のバランスが良い深煎りの豆です。好みの豆を見つけることで、より満足度の高いひとときを送ることができます。

 

■ 初心者でも大丈夫! 簡単「ラテアート」の描き方

最後に、せっかくなので、初心者でも失敗しにくい簡単なラテアートもレクチャーしてもらいました。

コツは、ミルクをしっかりと泡立てること。デロンギの「全自動コーヒーマシン」があれば、こんなお店で出てくるようなラテアートも自宅で気軽に楽しむことができます。

 

■ 使ったマシンはこちら!

2017年3月に発売されたこのモデルは、全てフロントオペレーションで水タンクも前面についており、壁際に置いても操作がしやすく使い勝手の良いデザイン。毎日使うからこそ、この便利さは重要です。また、エスプレッソを中心とした様々なコーヒーを、ボタン一つで選ぶことができます。さらにミルクのフォーミングから全て行なってくれるので、素人でもきめの細かいスチームミルクを味わうことができて、カフェラテもラクラク!

マシン自体は若干値が張るものの、お店で頼めば一杯数百円。長い目で見ると、ぐっとお得にカフェメニューを満喫することができます。コーヒー好きな人なら、値段以上の価値を見出せること間違いなしです。

あなたも、おうちでおいしいカフェメニュー作りを体験してみませんか?

取材、撮影、文=月乃雫