ラントレ好き待望!ワイヤレスイヤホンに心拍計が付きました!

写真拡大 (全5枚)

ワイヤレスイヤホンの利点は、いうまでもなく「ワイヤレスである」ということです。スマホなど機器に直接繋ぐ必要がないだけなのに、首から上の自由度は想像以上。特にワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらトレーニングなどの運動を行うと、あまりの快適さに手放せなくなります。

世界最大級のオーディオブランド・JBLと、アメリカのパフォーマンスアスレチックブランド・UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)によるコラボレーションにより、新たなワイヤレススポーツイヤホン「UA Sport Wireless HEART RATE(UA スポーツワイヤレス ハートレート)」が誕生。これまでになかったワイヤレスの新たな進化を遂げています。

イヤホン本体に“心拍センサー”を装備しているのが特長で、なんとイヤホンを装着するだけで心拍測定が可能。さらに、右ハウジングにはタッチすることで心拍数を読み上げる機能を搭載しており、ランニングやトレーニング中でもリアルタイムの心拍数を簡単に把握し、気軽に心拍トレーニングを行えます。

独自のイヤチップ構造 “ツイストロックテクノロジー” 採用により、激しく動いても耳から外れにくく快適なフィット感を実現し、本体やケーブルの耐久性も向上させています。イヤホン部分はIPX5対応の防水機能があり、大量の汗や急な雨天時でも安心。

スマホなど音源機器への接続はBluetoothで行い、約2時間の充電で最大約5時間のワイヤレス再生が可能。高性能5.8mm径ダイナミックドライバーがコンパクトながら上質のサウンドを生み出します。ケーブル付随の3ボタンリモコンは通話用マイク付きで、音量調整や曲の操作(戻しや早送り、停止)が可能。運動中であっても簡単に操作できます。

上質のサウンドを聴きながら心拍トレーニングも行える、スポーツファンに最適のワイヤレスイヤホン。専用キャリングケースと充電用ケーブル、耳穴のサイズに合わせて付け替えられる4種類のイヤチップなどが付属して、価格は2万1384円です。9月22日より発売。

>> JBL「UA Sport Wireless HEART RATE」 

 

(文/&GP編集部)