HIVに感染した喫煙者 エイズ関連より肺がんで死亡する確率が高いと明らかに

ざっくり言うと

  • HIVに感染した喫煙者の死因に関する研究結果が、18日に発表された
  • 治療を受けている人は、HIV関連より肺がんで死亡する確率の方が高いと判明
  • HIV感染と喫煙が重なると、肺がんの発症を加速させる可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング