なんだかんだいっても…「やっぱり彼女が一番!」と感じる瞬間

写真拡大



仕事や友達付き合い、たまには彼女以外の女性とも遊んでみたり、食事や飲みに行ったりすることもあるかもしれません。ある程度は、そういった「ちょっと心配なシーン」はあるものです。


でも、そんなときに「やっぱり彼女が一番だな」と思えたら、愛はさらに深まるはず。


そこで今回は、男性が「やっぱり彼女が一番!」と感じる瞬間を紹介します。彼女のことを手放せなくなる大きなポイントでもありますよ。

■1.言わなくても「わかってくれる」

「以心伝心のように伝わり合えるのは彼女だけだなって感じる」(27歳/男性/建築)


「俺の気持ちを察して行動してくれる彼女のことは手放せない」(26歳/男性/音楽関係)


いちいち口に出して言わなくてもわかってくれる。
そういうときに、男性は彼女の大きな愛のようなものを感じます。


何もかもわかり合えている関係性だからこそできること。
他の女性ではなかなかできないことでしょうから、彼女の存在の大きさを感じる瞬間でしょう。

■2.「ダメな部分」も見せられる

「彼女にはダメな部分も見せられるので、一緒にいてホントにラク」(31歳/男性/広告代理店)


「ずーっとカッコつけてるのは、さすがにちょっと疲れちゃうかも」(26歳/男性/マスコミ)


男性は女性の前では、やっぱりカッコをつけてしまうもの。
ただ、それって本当の自分ではない部分もあるので、ずっと演じていると疲れてしまう。そういうジレンマを抱えています。


彼女の前なら、そんなムダな労力は使わなくていいし、ちゃんと自分をさらけ出せるうれしさもあります。
自分のダメな部分も受け入れてくれている彼女だからこそ、「ずっと一緒にいたい存在」なのです。

■3.「仕事」への理解がある

「仕事に対しての理解がある彼女は、やっぱり大事にしたくなる」(27歳/男性/アパレル)


「忙しいことにも理解を示してくれる彼女には、感謝の気持ちしかない」(26歳/男性/不動産)


仕事への理解がない女性とは、付き合っても絶対にうまくいきません。
忙しくて会えないときに、「なんで会ってくれないの?」なんて問い詰められたら、本気でうっとうしくなるだけ。


忙しいこともわかってくれて、そばで支えてくれる彼女のありがたさは、男性にはかなり響くものなのです。
パートナーとして、最高の相手だと感じる瞬間でもあるでしょう。

■4.「考え方」が合う

「他の女の子と遊ぶと、やっぱり彼女が一番気が合うなって思う」(28歳/男性/飲食)


「どんなに可愛い子でも、考え方が合わないと一緒にはいられない」(30歳/男性/メーカー)


なにを面白いと感じるか、嫌だと感じるか、おいしいと感じるか…はたまた、恋愛観や仕事観、家族観などなど、さまざまなことにおける価値観。そこが全く合わない女性とは、一緒にいても「噛み合わないストレス」が生まれるだけ。


そういう女性と遊んだりした後は、彼女のことがとても愛おしくなるものです。「あ〜、やっぱりこいつが一番だ」としみじみと思うはず。
どうでもいいくだらない話でも、笑いながらダラダラと話せたりするのは、価値観や考え方が近いからこそだと思いますよ。

■おわりに

浮気なんてのは論外ですが、それでも、ガチガチに彼を縛り付けることはできませんし、あまり意味のないことだと思います。


それよりも、「やっぱり彼女が一番」と思わせるような彼女であること、「一番だから付き合っているんだ」と自信を持つことのほうが大切です。


彼女のに惚れ直したり、大事にしようとも感じるとき。それは絆が深まる瞬間でもあるでしょうね。(山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)