バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアー【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは再び長期離脱を余儀なくされるようだ。

 バイエルンは現地時間18日、ノイアーが練習中に左足を負傷したと発表した。現地時間19日に精密検査が行われる模様だが、独紙『キッカー』によると手術は避けられず数ヶ月の戦線離脱になると伝えている。

 ノイアーは今年4月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の対レアル・マドリー戦で左足を骨折し8月26日に行われたブンデスリーガ第2節の対ブレーメン戦で復帰したばかりだった。

text by 編集部