「かれこれ3年も婚活してるけど一向に進展がない……。」

「もう友だちは2人目の子を出産したっていうのに……。」

婚期を逃す女性には共通した特徴があります。その特徴を知らないと、どれだけ婚活パーティーや合コンに足を運んでも、結果は変わらない可能性が高いでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

“婚期を逃す女性”のに見られる特徴をいかにまとめましたので、自分にあてはめながら読み進めてみましょう。

 

■間違った自分磨きをしている

“婚活のための自分磨き”と聞いて何を思い浮かべますか?

「男性の視線を集めるオシャレな服を買う」「ピチピチのお肌を手に入れるためエステに通う」このように考えた女性は婚期を逃してしまう可能性があります。

男性は結婚相手を探すとき、見た目以上に女性の金銭感覚をかなり意識します。

そのため、高そうな服を身に着けていると、「この人と結婚するとお金がかかりそうだな……」とネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。

自分磨いをして自分を大きく見せるより、等身大の飾らない自分で勝負したほうが勝機はグッと高くなるでしょう。

■アニメにハマりすぎている

アニメが好きな女性は、「私は別に2次元の男に興味なんてないから」「私にはアニメがあるから別に彼氏なんて作る気ないし」という絶妙な言い訳を用意して、自分が男性に相手にされない現実から目を背けようとします。

もちろん、こんな態度でいるとますます男性は寄り付きません。そして、そんな男性の態度を受けて、さらにアニメにハマっていきます。

その結果、気づいたら婚期を逃してしまい、大きな孤独感に震えてしまう。

 

■結婚していない友だちが多い

女性は周囲に合わせようとする同調圧力にかかりやすい傾向があります。

そのため、周囲に結婚している友だちがいないと、「まだ結婚しなくて大丈夫か」、「女友だちと一緒のほうが楽しいし、このままでいいか」と思いやすくなり、婚期を逃してしまいます。

そして、「みんな結婚してないし大丈夫」と安心しきってた矢先、「私来月結婚するんだ」と友だちに聞かされて、自分が婚期を逃していたことを悟るのです。

 

婚期を逃したという後悔は計り知れない絶望を与えます。

今回ご紹介した特徴が自分に当てはまっていると感じた人は、すぐにでも自分の今後の在り方を見直したほうが良いでしょう。

【画像】

※  Look Studio/shutterstock