最近草食男子、増えていますよね。
なかなか自分からは行動を起こさない彼らに、なんとかして告白させたい!
という気持ち、わかります。
それなら告白しやすいようにムードをつくってあげましょう。
では具体的にはどうすればいいのか、ご紹介します。

ふたりっきりの状況をつくる

大勢の人がいる前で、告白は結構ハードルが高いものですよね。
ということで、まずはふたりっきりの状況をつくってあげましょう。
デートや飲み会の帰りなどでも良いと思います。
決して誰かに介入されることがない状況をつくることがポイントです。

夜、または薄暗い照明のところをチョイス

人間は、夜になると気が大きくなる習性があります。
夜や照明の薄暗い場所を指定してあげましょう。
ちょっと大胆になった彼から、何かアクションがあるかもしれません。
デートは昼から夜までのコースにしたり、
レストランは照明が抑えられた雰囲気の良いところを選ぶといいですね。

ちょっとスキを見せる

お酒のある席だったら少し甘えるようにしたり、少しおぼつかない感じになったりと、
相手にほっとけないと思わせるくらいスキをつくりましょう。
止まらないマシンガントークよりも、テンポをゆっくりとしゃべり、間をつくってみるのもアリ。
相手がしゃべりだすきっかけをつくるのが大事です。

それでもなかなか、踏み出せない草食男子にダメ押し

これだけムードをつくっても彼が足踏みしているようなら、
ちょっとこちらからアクションを起こしてみましょう。
「なんでかな、○○くんの隣落ち付く…」と言って、ちらりと上目遣いで彼を見上げます。
そのあと、へへっとはにかむように笑ってみてください。
気になる女の子のそんな分かりやすいサインを見逃さない男性はいません。

ちなみに「落ち付く」のほかには、
「楽しい」とか「時間があっという間だよ」なんて言葉もパンチがあります。
彼のタイプに合わせて彼が嬉しくなりそうな言葉を選んでみましょう。
告白はしないけれども告白に近い言葉は女性側から言ってあげましょう。

最後はそっと寄り添ってみる

言葉がダメならボディーランゲージで勝負しましょう。そっと寄り添ってみたり、手に触れてみたり、座っているシーンならふとももに手を置く、肩にからだを預けてみる、など直接的ではないスキンシップをとることで、告白しやすいムードにできますよ。

草食男子にはムードをつくって告白させる

告白ってとてもドキドキすることですよね。できれば男性からして欲しいものです。
でも草食男子の場合、なかなか告白まで踏みきれない人が多いです。
気になる彼が草食男子のときは、女性がムードをつくってあげましょう。
これで彼も告白しやすくなるはずです。

(愛カツ編集部)