嘉村健士、園田啓悟【写真:Getty Images】

写真拡大

精度を重視した組み立てに着手…世界のトップに台頭した園田、嘉村組に要注目

 日本バドミントン界は女子勢の活躍が目立つが、男子も世界のトップで戦える力が付いてきた。20日から東京体育館で本戦が行われるBWF(国際バドミントン連盟)スーパーシリーズ第8戦、「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」では、日本の男子ダブルスが注目ポイントとなる。

 男子ダブルスは、最もスピード感のある試合が展開されるため、事前情報や知識がなくても見て楽しむことができる。種目の醍醐味とも言えるスピードラリーを得意とするのが、成長著しい日本の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)だ。ネットすれすれをシャトルが高速で行き交うラリーで相手に打ち勝つことが、長らく彼らのスタイルだった。ただ、国内ではリオデジャネイロ五輪に出場した早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)組に続く2番手のポジションから抜け出せず、なかなか世界の第一線に届かなかった。

 しかし、昨年の五輪出場を逃したことを機に、高速ラリーだけに頼らず、精度を重視した試合の組み立てに着手。選手の引退などによって世界の勢力図が大きく変わる中、一気に世界のトップに台頭することに成功した。

世界のトップで戦える人材がいないシングルス…常山、坂井、西本、上田らに期待

 日本の課題となっているのは、シングルスの強化だ。2015年にスーパーシリーズ・ファイナルズを制した桃田賢斗(NTT東日本)が昨春に闇カジノ問題で無期限の資格停止処分を受けた後、少しずつ成果を挙げている選手はいるが、世界のトップで戦える人材が台頭していない。今大会の日本勢は、いずれも予選から出場。本戦にストレートインできる選手がいないのが現状だ。

 桃田は6月に戦列復帰し、9月に全日本社会人選手権を制覇。17日には日本代表の派遣ではなく、個人として参加したベルギー国際でも優勝したが、まだ国際大会ではブランクを埋めている段階で日本代表には復帰しておらず、今大会は予選の予備登録止まりで出場しない。

 7月に桃田の国際大会復帰戦となったカナダ・オープンの決勝で桃田を破って優勝した21歳の常山幹太(トナミ運輸)、スーパーシリーズの中でも格上のスーパーシリーズプレミアであるインドネシアオープンで準優勝した27歳の坂井一将(日本ユニシス)、昨年末の全日本総合選手権を制した23歳の西本拳太(トナミ運輸)、2014年の国際団体戦トマス杯で日本の優勝に貢献した28歳の上田拓馬(日本ユニシス)らが本戦に進み、存在感をアピールすることが期待される。