100万ドルの夜景、ふんだんに食したいヤムチャ、オシャレ魂に火がつくショッピングと、訪れる理由を挙げればキリがないほど魅惑の街・香港。



出典:NOSH

東京からわずか4時間半と、週末弾丸旅で手軽に行けるのも魅力のひとつ。

今回は、短い時間でも十分すぎるほど楽しめる、香港ビギナーさんに向け&NOSH世代がグッとくる“インスタ映え”スポットを中心にご案内します!

 

■何と言ってもヴィクトリア・ピークの景色!

香港島も九龍半島も全部を一望できるのが、このヴィクトリア・ピーク!



出典:NOSH

晴れた日には遠くまでキレイに、また夜にはキラキラ光る夜景を美しく堪能できます。



出典:NOSH(提供画像:(c)HKBT)

行き方はふたつ、多国籍の人たちと30度の傾斜をゆらゆらピークトラムに乗って向かうか、タクシーでふもとからぶっ飛ばすか。

NOSHでは、もちろん現地の雰囲気を思う存分味わえる&リーズナブルなピークトラムをお勧め♡



出典:NOSH

ただ、オンシーズンは混みあって1〜2時間待ちは当たり前ということもありますので、ツアーを予約して行けば並ばず優先的に乗車できるのでスムーズにできますよ。

 

■いまの香港を感じられる、オシャなアート絵

香港はアートな街でもあり、西洋と東洋&今と昔の融合が楽しめる貴重な都市。

そのアートを収めようと各国から来た旅行者たちが集まるフォトスポットになっているのがオールド・タウン・セントラル。



出典:NOSH

思い思いにポーズを決めたりして、旅行者の皆さんも、仲よく順番にお写真を撮っています(そして、その後はインスタにUPしているもよう)!



出典:NOSH

この界隈には本当に様々なグラフィティ・アートやアンティークショップが軒を連ねているので、写真を撮るのはもちろんですが、ただただ歩いていても目にも鮮やかなので、ゆっくりお茶の場所を探しながら散策するのもオツですよ。



出典:NOSH

 

■映画のロケ地で大興奮!

日本でも大ヒットしているシリーズ『トランスフォーマー/ロストエイジ』の、一度観たら忘れられない”あの”シーン。



出典:NOSH

“これぞ香港!”という場所で撮られた密集地帯で、何とも言えない、最高の風情を醸し出しております。

取材した日は、ちょうど雨上がりという状況で、鬱蒼とした街の雰囲気とあいまって非常にフォトジェニックでした!



出典:NOSH

余談ですが、香港の土地の高さは“世界一”とも言われていて、こちらの建物でも築50年1LDKで15万(!)、駐車場代だけで5〜10万はするそうな……。

 

■日本にはないお寺の厳かな雰囲気に浸って…

150年以上というお寺の歴史を誇る香港では、街のいたるところに寺院が点在しています。



出典:NOSH

外国人観光客も訪れやすい“文武廟”は、参拝する人で平日でも賑わっています。

一番目を引くのは、何と言っても天井から吊るされた、大きな渦巻き状の線香でしょうか!



出典:NOSH

中に吊るされた赤い紙には、それぞれのお願いが書かれており、大小によって金額も異なるそう。



出典:NOSH

場合によっては飾られるまで1〜2カ月待つということですが、もしかしたら、それだけご利益があるのかも……。

さらに、香港の“占い”は日本の“おみくじ”とは微妙に違ってきます。



出典:NOSH

筒を振って1本取り出すところまでは同じですが、“占い”に書かれた文字を読解&解説するのが困難なため専門の人が待機しています。

その人に解説してもらい、自分の今の状況や今後の指針などがわかるそうなんです。

運よく出会うことができたら、ぜひトライしてみてくださいね♡