京都を訪れた中国人観光客が、そこでの着物体験についてつづった。写真は作者提供。

写真拡大

京都を訪れた中国人観光客が、そこでの着物体験についてつづった。

着物は事前に朝9時に予約してあった。店から、遅刻したら予約は取り消しになるので絶対に遅刻しないようにと言われていた。それで私たちは6時半には起床した。朝早かったので気温も高くなく、青い空に爽やかな風が吹いていてとても気持ちがよかった。日本では毎日出かける時に空を見上げると、とても気分がよくなる。

私たちが開店して最初の客だったので、多くのデザインの中から選ぶことができた。お店の人が言うには200種類以上の中から選べるという。でも私たちのサイズに合うのは数十種類しかなさそうだ。

着替えを手伝ってくれた女性店員が、着物と浴衣のどちらがいいか尋ねてきた。日本に来る前、浴衣は安っぽい感じがして、着物の方が正式な感じがすると聞いていたので、日本に来たからには着物がいいと着物を選んだ。店員は何度も「are you sure?」と聞いてきたが、その結果は…暑すぎ。着物を着ていると窒息しそうで、道行く人を見ても着物の人はおらず、みんな浴衣を着ているのだった。しかも浴衣もとてもきれいじゃないか!いったいどこが「安っぽい感じ」なんだよ!

この写真は二年坂、三年坂で撮った写真だ。朝早かったので基本的に道には誰もいない。出かける前にもっとちゃんと髪を染めておくべきだった。黒髪が混じっているとあまりきれいじゃないでしょ。父は私に「なぜ顔を撮らないんだ?」と聞いてきたが、まったく分かってないな。これが情緒ってものなのに。

千本鳥居で写真を撮っていた時、私たちのために写真を撮ってくれると自主的に申し出てきた欧米人に会った。でも私の最初の反応は、スマホを持っていかれるんじゃないかというものだった。ハハハ!でも外国人は本当に親切なだけだった。

もともとは一番上まで行くつもりだったが、道を間違えて下り道に入ってしまった。それでもう一度初めからやり直しとなってしまい、あまりに疲れたので結局また途中で引き返すことにした。この日は11時の時点ですでに歩数が1万歩を超え、なんだか命を燃やして歩いているかのようだった。着物を着て草履で歩くのは本当に疲れる。

それで来た道を引き返すことにしたが、1つ問題がある。暑すぎることだ!帰りの時間は午後2時ごろで、日差しが直接照りつけてくる…。私たちの次の予定地は清水寺だが、これを着てさらに歩くことを考えると私たち2人は迷ってしまった。それでジャンケンをした結果、着替えてから清水寺へ行くことにした。私たちは大喜びで着物を脱いだが、あの着物を脱いだ瞬間は、まるですべてから解放された感じだった。なんて涼しいんだ!この世界に、そしてあなたがいることに心から感謝だ!(翻訳・編集/山中)