大室正志氏(左)×朝倉祐介氏

写真拡大

会社が変われば常識も変わるーー。約30社を担当する産業医の大室正志氏と、ミクシィ前社長で投資家の朝倉祐介氏は、「『丸の内』の大企業と『渋谷』のベンチャーの企業文化が、大きく隔たっているのはもったいない」と言う。丸の内側がスーツの相手に安心感を抱くのに対して、渋谷側もみな同じようなカジュアルファッションに身を包んでいる。なぜお互いは歩み寄れないのか。

※第1回 http://president.jp/articles/-/22953

【大室】「丸の内」の大企業と「渋谷」のベンチャーでは、働き方も企業文化もあまりに違います。ふたつが交錯することは難しいのか、30代のわれわれ2人で考える中で、前回は「スカイプを使いこなせない会社は、働き方改革ができない」という話で終わっていました。これはあながち冗談ではなくて、会社で無駄なことはすごく多い。産業医として訪れた会社で、「働き方改革に関して、他社の事例を教えてくれませんか?」と言われることがよくあります。そこの会議を見せてもらうと、資料が全部プリントアウトされて、ペットボトルのお茶にカップがかぶせて全席に置いてある。「ちゃんとしてるなぁ」と思う一方で、外資系やベンチャーではこうした部分はもっと「雑」だったとも思う。社内会議のための資料は、何かを決めるための手段ですよね。いつもきれいな資料が必要なわけではない。

そしてなぜか、資料がしっかり作られ、お〜いお茶がちゃんと並べてある会社のほうが、会議で何も決まらないことが多いんですよ(笑)。資料作成や会議運営がなされたことを「成果」とするなら仕事をしたと言えるかもしれないけど、何かを判断し決めることが「成果」だとすると実は何もしていないのと同じになってしまう。

【朝倉】アジェンダが不明瞭なミーティングに出席して、「今回のアジェンダってなんでしたっけ?」と聞くと、「失礼な人」扱いされることもありますからね。

■時間あたりの生産性を考えるチャンス

【大室】長時間労働の是正に関して僕もよく相談を受けますが、人間が集中できる時間は1日あたりでだいたい決まっていると言われています。会社に15時間もいるような人は、絶対どこかで休んでるはずなんですよ。見た目はそう見えなくても、脳内がスクリーンセーバーというか。会議中、何も聞いてないのに聞いているように振る舞うのがうまい人って、いるじゃないですか。だから今言われている「働き方改革」は、何が必要で何が必要じゃないかの棚卸しをするために、時間あたりの生産性を考えるという意味では非常にチャンスだと思う。

【朝倉】ミクシィ時代、とある銀行の支店長の方に「会いたい」と言われてお会いしたら、1時間ずっと「やっぱりIT系の方は、銀行はお嫌いですか?証券会社のほうがいいんですか?」と延々と聞かれ続けた経験があります。その話自体は別にいいんですが、「1時間も必要なの?」とは思ってしまう。支店長クラスだとずいぶんお忙しいと思うし、その方の時間もかなり貴重ですよね。

【大室】朝倉さんのようにITやスタートアップといわれる新しい業界にいると、大企業の偉い方たちから「とりあえず若いやつに会っておくか」という感覚で会合をセッティングされることも多そうですね。そういう「枠」要員というか。

【朝倉】ああ、そういう枠なのかもしれませんね。そこで何かを決めようということではなく。

【大室】そういう「とにかく一回会って話してみよう」みたいな慣習って、ベンチャーにはほとんどないですよね。そもそも前回も話したように、お堅い会社だとメール送信時にはアドレスを偉い人順にしないといけないところもいまだにある。そこでは「序列」が絶対で、それを間違えることは社会人というか「会社人失格!」という勢いなんだけれど、一方のベンチャーはとにかくTime is money。それこそ、ほとんどのことはメールではなくてメッセンジャーやチャットツールで済ませる会社もある。「時間を奪うことが最も失礼」というカルチャーですよね。どちらが正しいということではなく、いずれにせよお互いがお互いの常識の中で生きている。完全に生態系が違っていて、これはもう少し混ざったほうが、お互いに学ぶところがあるんじゃないでしょうか。

【朝倉】でもそういう意味では、ちょっとは良くなってると思います。ずいぶんと昔を思い返すと、メールの書き出しが「若葉青葉の候、皆さまにおかれましては……」といった時候の挨拶で始まっている人もいたじゃないですか。

■シリコンバレー的「行き過ぎた合理」に驚かされることも

【大室】確かに。それと一応言っておくと、「心情シリコンバレー型」の人たちにも、それはそれで「行き過ぎた合理」を感じることもあります。以前ある人が、僕を含む3人のグループチャットを作って「◯◯さんを紹介します! 大室さんの記事が好きみたいです!」と連絡してきたことがありました。経緯がわからないので、何か説明があるのかと思っていたら、その5分後には「じゃあ、紹介したので!」とその知人はチャットから退出したんです。相手の方は「雑な紹介をされて私も困惑しています」と言いながら、経緯を説明してくれました。どうやらその方が、僕の書いた記事にフェイスブックで好意的なコメントをつけていたので、それを見た知人が「大室さんを紹介しますよ!」という話になったようなのです。こういう場面ではある意味被害者同士で妙な連帯意識が生まれますから、紹介はうまくいき、結果オーライとも言えるんですが……。

【朝倉】スタートアップの世界の人間でも、そこまで雑な人はなかなかいないですよ(笑)。

【大室】「丸の内」的な、役職や立場によって人との距離感や間合いのとり方にグラデーションが生まれるという事態は、形式の成立という意味である種の文化的成熟とも言えるかもしれません。でも歴史的に見ると、文化が成熟すると経済は停滞するという現象は結構起きがちです。

19世紀文化経済の中心はヨーロッパでしたが、20世紀初頭には経済の覇権はアメリカに移りつつありました。その頃のニューヨークで摩天楼が建ちまくることを良識派の欧州知識人は「無秩序」と眉をひそめていた。ちょうど現在の日本人が少し前の上海の高層ビル建設ラッシュに経済的な勢いを感じる一方で、どこか野蛮さを感じてしまう感じに近いかもしれません。

そんなニューヨークも現在では文化的にも洗練された街になっています。その一方で、経済的覇権はシリコンバレーに移動しつつある。ウォール街で仕立ての良いスーツと革靴とサスペンダーで仕事をしているWASP(White Anglo-Saxon Protestantの略。白人エリート層の保守派を指す)を横目に、シリコンバレーみたいに何もない砂漠で「もう革靴なんかいらなくない?」って人種を問わず好き勝手にやっている人たちのほうに、経済的発展が生まれる。ただ、そこが発展してくると、やがてまたその中で様式美みたいなものが生まれて文化的に成熟してくるのかもしれません。

■結局「ネクタイしてる人」に安心してしまう

【朝倉】シリコンバレーも、もはやファッション含めて様式美化していますからね。ボタンダウンシャツにパタゴニアのフリースのベスト、リーバイスのジーンズ、足元はニューバランスで、アップルのノートパソコンを小脇に抱えてブルーボトルコーヒー、っていう。

服装の話でいうと、以前に一度、ある“ザ・エスタブリッシュメント”な会社の方が、若いIT系の企業と何かできないかということで、いろんなところを回っていた時期があったんですよ。ミクシィにもいらしたんだけど、あとになって「朝倉さんが一番好感度が高かった」と言われたんです。その理由が「スーツを着てネクタイを締めていたから」。ほかの会社の人たちは短パンにビーチサンダルみたいな服装で現れるから、びっくりした、と。新しい企業文化を取り入れて会社をなんとかしなくては、と思って若い企業を回っていたはずなのに、「この人は言葉が通じそう」と思う相手に親近感を覚えてしまうわけですね。

【大室】それこそ堀江貴文さんは、10年以上前に「そういう決め事は砂上の楼閣だ。意味はない!」というのを、Tシャツ1枚で出ていって身をもって示したわけですよね。朝倉さんは、ノーネクタイ+ジャケットくらいの微妙な立ち位置で、少しずつ陣地を変えていくっていうタイプですかね。

【朝倉】正論をストレートに発信しても、「自分たちとは違う人種だ」と思われた瞬間、受け入れられづらくなってしまうのが現実ですからね。だからそういう正論を、ジャケット+Tシャツくらいの塩梅で、とても丁寧な言い方で伝えていくのが今のところの最適解なんでしょうね。

----------

朝倉 祐介(あさくら・ゆうすけ)
シニフィアン株式会社共同代表、政策研究大学院大学客員研究員
1982年生まれ。兵庫県西宮市出身。東京大学法学部卒。競馬騎手養成学校、競走馬の育成業務を経て大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京大学在学中に設立したネイキッドテクノロジーに復帰、代表に就任。ミクシィ社への売却に伴い同社に入社後、代表取締役社長兼CEOに就任。業績の回復を機に退任後、スタンフォード大学客員研究員等を経て現職。著書に『論語と算盤と私 これからの経営と悔いを残さない個人の生き方について』(ダイヤモンド社)。

 
 
大室 正志(おおむろ・まさし)
医師、医療法人社団同友会産業医室産業医
1978年生まれ。産業医科大学医学部医学科卒。臨床研修修了後、産業医科大学産業医実務研修センター、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社統括産業医を経て現職。国内大手企業、外資系企業、ベンチャー企業、独立行政法人など、多岐にわたる企業で産業医を務める。著書に『産業医が見る過労自殺企業の内側』(集英社新書)。
 

----------

(シニフィアン株式会社共同代表、政策研究大学院大学客員研究員 朝倉 祐介、医療法人社団同友会産業医室産業医 大室 正志 写真=堀 哲平)