ワークスチューニング・グループとは、NISMO(日産)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、メーカー直系のレーシングテクノロジーを市販車向けのアイテムにフィードバックしている4社が、共同で行なっている活動です。

そのワークスチューニンググループが、群サイの愛称で知られる群馬サイクルスポーツセンターを会場に合同試乗会を開催しました。「日本のニュルブルクリンク」とも呼ばれる荒れた路面とアップダウンの激しいコーナーの続くタイトなワインディングを模したクローズドコースで、各社の実力をアピールしようというイベントです。

試乗会に3台のデモカーを持ち込んだニスモ。その中には開発中・発売前のパーツを装着されたデモカーもありましたが、すべてが市販パーツでまとめられていたのが、「エクストレイル NISMO パフォーマンスパッケージ」です。

●エクストレイルNISMOパフォーマンスパッケージ装着パーツ一覧
スポーツサスペンションキット:10万円(税抜)
スポーツステンレスマフラー:11万8000円(税抜)
エアロキット(塗装済み):23万8000円(税抜)
ルーフスポイラー:5万5000円(税抜)
ダーククロムフロントグリルセンター:1万8000円(税抜)
アルミロードホイールLMX6S(19×7.0J):4万8000円/本(税抜)
マルチファンクションブルーミラー:1万9000円
ドアハンドルプロテクター:2800円(税抜)
フューエルフィラーキャップカバー:5500円(税抜)
オイルフィラーキャップ:6200円(税抜)
フロアマット:3万6000円(税抜)

なお、タイヤはダンロップのグラントレック(225/55R19)を履いていました。

レーシング由来の空力シミュレーションによって生み出されたというエアロキットは、フロントアンダースポイラー、リアアンダースポイラー、サイドスカートのボトムラインで構成されたもの。

さらに、30mmダウンというスポーツサスペンションとの相乗効果で、見るからにローフォルムのスタイリングに変身しているエクストレイル。そのシルエットを眺めていると、タイトコーナーが連なる群サイにコースインする前から期待は高まります。

実際、車高ダウンしているとはいえクロスオーバーとしてのバランスをとったスポーツサスペンションは、群サイの路面を期待以上に捉えます。フラットライドな乗り心地はコーナーでは安定感を生み出すもので、ステアリングを切り込んでいけば、ボディがグラリと傾くことなく、適度なロール姿勢のまま旋回していくのが確認できました。

タイヤがSUV寄りの銘柄で、それほどハイグリップでないのも、全体のバランスをとっているのでしょう。スポーツカーのような走りとまでは言いませんが、車高を感じさせないキビキビ感はホットハッチ的な軽快さを実現しています。

さり気なく刺激的なエキゾーストノートに変身していることも、走りを楽しみたくなるファクターのひとつといえそうです。

(写真・文:山本晋也)

【ワークスチューニング試乗会】クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル(http://clicccar.com/2017/09/19/509775/)