9月7日のバルサの練習中のデンベレ

写真拡大

9月7日のトレーニング中に左脚の太腿の裏側を触っているウスマン・デンベレの映像は、ヘタフェ戦で同じ部位を負傷した彼が試合前から違和感を抱えていたのではないかという憶測を引き起こした。

しかし、バルサの情報筋はこの憶測を否定し、デンベレが試合前にはフィジカル面にいかなる類の問題も抱えていなかった事を主張した。

実際、ヘタフェ戦の前半25分に負傷する前にデンベレはエスパニョール戦とユベントス戦で何の問題もなくプレーしている。
エスパニョール戦では素晴らしいアシストも記録した。

■19日火曜日に手術
この重傷によってデンベレは今週19日火曜日、フィンランドで手術を受ける事を余儀なくされている。
バルサのメディカル部門の発表によると、彼は3、4ヶ月の戦線離脱が予想されている。