マンチェスター・シティのガブリエウ・ジェズス【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスは、現時点でプレミアリーグの歴史上最速のペースでゴールを重ねているという。18日付の英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 ブラジル期待の若手FWであるジェズスは今年1月にパルメイラスからシティへと移籍し、すぐにその実力を発揮。1年目のシーズンにはリーグ戦10試合に出場して7ゴールを記録した。今季もここまで5試合ですでに4ゴールを挙げている。

 プレミアリーグでの通算15試合出場のうち13試合が先発出場で、プレー時間は合計977分間。フル出場に換算すれば11試合弱の時間で計11得点を記録しており、88.82分あたり1ゴールという計算になる。

 プレミアリーグで通算10得点以上を記録している選手では、この数字は歴代最高の得点率となる。2位はチームメートのFWセルヒオ・アグエロで、108.44分あたり1ゴールを記録している。もちろん通算ゴール数ではジェズスを大幅に上回り、127ゴールを挙げている。

 得点率の歴代3位は今夏シティからレスター・シティへ移籍したケレチ・イヘアナチョ(通算12得点、113.92分あたり1点)。4位にはトッテナムのハリー・ケイン(通算80得点、119.53分あたり1点)、5位には元アーセナルのティエリ・アンリ氏(通算175得点、121.79分あたり1点)が続いている。

text by 編集部