仰天!リオ・ファーディナンド、38歳でプロボクサー転向へ!

写真拡大

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド。『Guardian』が、38歳になった彼がプロボクサーに転向することになると伝えていた。

現役引退から2年が経つなか、現地火曜日にもこの仰天の転向について発表がされる見込みだそう。

引退後は、『BT Sport』の解説者として活動してきたが、かねてよりボクシングへの情熱を公にしていたという。

Instagramに、イギリス人のWBA・IBF世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュアとの写真をアップしたこともある。

まずは、プロライセンスの申請をする必要があるそう。なお、日本の場合、受験資格はプロテスト申込み時に満34歳までという上限があるとのこと。