17日、中国の輸出量減少との予測が広がる中、タングステン価格が急騰している。中国が環境保護のため違法採掘の鉱山の取り締まりを始めたためだ。写真はタングステン。

写真拡大

2017年9月17日、中国の輸出量減少との予測が広がる中、タングステン価格が急騰している。ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)が伝えた。

タングステンは硬度が高く、掘削機械や砲弾に用いられる金属だ。主要生産国は中国で、全世界の採掘量の80%を担っている。その中国が環境保護のため違法採掘の鉱山の取り締まりを始めた。供給量が減少するとの予測が広がり、タングステンの価格は7月初頭からの2カ月で50%を超える値上がりを示している。

タングステンは西側諸国にとって極めて重要な物資だ。2012年にはオバマ大統領(当時)が中国の供給抑制に対して、世界貿易機関(WTO)に申し立てし、米中関係緊張の一因ともなっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)