芸能界きっての好角家が名勝負を語る(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 相撲好きな人ならば、誰しも必ず「忘れられない一番」があるはず。芸能界きっての相撲ファンとして知られる俳優の大村崑氏が選んだ「心に残る一番」は、1991年夏場所初日の貴花田対千代の富士戦だ。貴花田が千代の富士に引導を渡した名勝負について、大村氏が振り返る。

 * * *
 双葉山はもちろん、栃若、柏鵬時代は立ち合いでの手つきが不十分だった。立ち合いで8割が決まるといわれ、手つきを徹底させた近年に比べて不公平な時代だった。そのためこの時代の相撲は名勝負には取り上げたくないですね。

 そうなれば、名勝負はやはり若貴時代の幕開けのきっかけとなったこの一番でしょう。優勝回数31回で、35歳11か月の横綱・千代の富士と、西前頭筆頭で18歳9か月の貴花田(後の横綱・貴乃花)との対戦。大相撲ファン待望の初顔合わせでした。

 千代の富士が左から張って左上手を狙うと、貴花田は右を差し、頭をつけて千代の富士に上手を与えなかった。さらに右からおっつけた貴花田に対し、右を殺された千代の富士は左へ回って左から突き落とそうとしたが、貴乃花は難なくついていった。

 父親(元大関・貴ノ花)譲りの足腰の良さをみせると、さらに左上手を引いた。相撲巧者の千代の富士は右かいな捻りで左上手を切ったが、貴花田はかまわず前に出る。そして左へ左へと逃げながら、右手で首を押さえて叩き落とそうとする千代の富士についていって寄り切った。貴花田の完勝でした。

 この2日後に、千代の富士は引退会見を開きました。当時はまだ、「故郷に錦を飾る」とか「親の仇を討つ」といったことに日本人が万歳をした時代。1980年の九州場所3日目、大関・貴ノ花は大関候補で日の出の勢いだった千代の富士によって引退に追い込まれましたが、その父の仇を息子が討った形となりました。偶然なのでしょうが、あまりの運命的なシナリオに、見ていて鳥肌が立ちましたね。

 その後若貴時代が到来、空前の相撲ブームとなった。千代の富士にとっても最高の引き際だったんじゃないかと思う。小さな昭和の大横綱がタオル片手に涙を流しながら「体力、気力の限界……」と引退していったのも印象的だったが、相手が人気大関・貴ノ花の息子の貴花田だったこともあって、大横綱の引退なのに温かい雰囲気だった。

 その後、野球賭博や八百長問題を経て、再び相撲人気になったのも、この若貴時代に相撲を取った親方衆が、若貴時代の相撲を見ていた子供たちを育てたから。そりゃ面白い相撲を取るはずです。

■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2017年9月29日号