iPhone8/8 Plusの予約がスタートし、出荷準備が始まっていますが、著名アナリストは10月27日に予約が始まるiPhone Xの影響で、例年ほど予約に勢いがない、と述べています。

iPhone X需要がiPhone8の予約を減らしている

今回のiPhone8/8 Plus/Xでも多くの予想を的中させたKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、例年であれば新型iPhoneは、予約しても9月中には受け取れない人が多くを占めるのが、今年はアメリカでは、発売日の22日(金)からその週末にかけて受け取れる見通しの人が大半を占めるようです。
 
クオ氏は、これはiPhone Xへの期待が高いためで、iPhone X待ちの人々が多いからだろうと見ています。しかしiPhone Xは11月3日まで発売されないため、Appleの10月〜12月の四半期業績に影響が出る可能性があります。
 

最初は供給が少なく需要が高いため、新型iPhoneの予約受付が始まってから実際に出荷されるまで、3〜6週間かかるのが通例だ。しかし当社の最新調査によれば、iPhone8は1〜2週間で出荷されるようだ。iPhone X需要がiPhone8の予約を減らしているのだと思う。

 

一方iPhone8/8 Plusと同時に予約開始されたApple Watch Series 3については、GPS + Celluarモデルが予想をはるかに上回る人気だとクオ氏は述べています。その理由のひとつが、GPSのみのモデルとの価格差が、9,000円程度に抑えられているためではないかとしています。
 

メディアイベントの前、我々はGPS + Cellular版の比率は30〜40%だろうと予測していた。しかし予約サイトを見ると、同版の出荷はGPSのみのバージョンよりもずっと日数がかかると記されている(発売日から3〜4週間)。GPS + Cellular版の比率は80〜90%ではないかと見ている。

 
と述べ、現在は予約の大半がLTE通信対応版だと見積もっています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)