バルセロナのウスマン・デンベレ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間18日、バルセロナは現在足の故障で戦線離脱している同クラブのフランス代表FWウスマン・デンベレが現地時間19日に手術することを発表した。

 デンベレは現地時間16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節、日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェ戦で負傷し途中交代を強いられた。検査の結果、左足大腿二頭筋の腱断裂と診断された。

 バルセロナは「ウスマン・デンベレは月曜日の早朝にフィンランドのヘルシンキへ移動した。そして火曜日には手術が行われる予定である」との声明を発表した。

 なお、デンベレは3ヶ月半から4ヶ月の戦線離脱が予想されており、年内の出場は絶望的となった。今夏、ドルトムントからバルセロナへ移籍金にボーナスを加えた総額1億4500万ユーロ(約192億円)で加入したデンベレ。今季はこれまで公式戦3試合に出場している。

text by 編集部