18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国人がサンルーフの車を好む理由について分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は北京。

写真拡大

2017年9月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国人がサンルーフの車を好む理由について分析する記事が掲載された。

中国を走る車を見ていると、サンルーフ付きの車が非常に多いという印象を受ける。実際、多くの中国人が自動車購入の際に、サンルーフが付いているかどうかを非常に気にする。

この理由について記事は、多くの中国人にとって自動車は「新たな事物」であり、自動車のサンルーフは特別「魅力的」に映るからだと分析。さらに採光効果が高く、高速道路では窓を開けることもできずエアコンをつけると年寄りから文句が出るが、サンルーフを開けて走るとちょうど良いという理由もあるという。

記事はまた、サンルーフを採用しても安全性に大きな問題はないと指摘。衝突試験でその点は実証されており、安心してサンルーフ付きの車に乗ることができるとした。その上で、なぜ日本にはサンルーフ車が少ないのか、疑問を呈している。

これに対し、中国のネットユーザーから「自分はサンルーフなしの車を選ぶ。たばこを吸わないし、サンルーフから雨漏りするからだ」「サンルーフか。ないと不便な感じがするけど、あってもほとんど使わない」「サンルーフの唯一の利点は雨漏りだろ」など、サンルーフに対して否定的なコメントが多く寄せられた。

しかし、「サンルーフの用途は換気だ。開けると一気に車内の空気が入れ替わる」「サンルーフがあれば最も速く換気できて、夜には女の子と一緒に星を見られる。使ってみればその良さがよく分かるよ」という意見もあり、やはりサンルーフ人気は根強いようだ。(翻訳・編集/山中)