画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本仙台支社・盛岡支社は13日、仙台〜気仙沼間で10〜11月にかけて直通臨時快速列車を運行すると発表した。

運行日は10月9・10・17・18日と11月3・4・10・11日の計8日間。仙台〜気仙沼間を東北本線・大船渡線経由で1日1往復運転し、途中駅には停車しない。運転時刻は、往路が気仙沼駅8時12分発・仙台駅11時10分着、復路が仙台駅18時9分発・気仙沼駅21時14分着。11月3日の復路のみ、仙台駅18時11分発となる。

車両はキハ58系「Kenji」編成(3両編成)で定員130名。全車自由席で、普通乗車券または運転日および運転区間に有効となる特別企画乗車券で乗車できる。