超定番「おかめ納豆」がまさかの結果に……プロがおすすめしたい納豆ランキング15【極小・小・中粒編】

写真拡大 (全96枚)

スーパーに行くとズラッとならぶ納豆。たくさんの種類があるけれど、結局食べ慣れたものや特売品を買ってしまいがち。今回は極小粒・小粒・中粒の納豆15種類に絞って、最強の納豆を探しました。


日本人なら知っておきたい
数ある納豆の差って何?


昔から日本の家庭に広く浸透している納豆。どこのスーパーでも売り場は広く、さまざまな種類が並んでいますが、意外とその違いをちゃんと知って買っている人は少ないのではないでしょうか? そこで編集部では、いちばんポピュラーで、種類も豊富な極小粒・小粒・中粒の納豆全15種類をガチ検証。結果、粒の大きさやねばねば度、タレや薬味などのバランスによって、それぞれ味に大きな違いがあることがわかりました。



極小粒・小粒・中粒・大粒とは
大豆の大きさで決まります


ランキング発表の前に、まずは納豆のキホンを知っておきましょう。納豆には、極小粒・小粒・中粒・大粒と、粒の名前がいろいろあります。納豆の原料は大豆ですが、この「〜粒」というのは、どの大きさの大豆を使ったかで変わります。同じ中粒でも、メーカーによって大きさが違うように見えることがありますが、これは発酵の具合などによって元の大豆より納豆が大きくなったり、小さくなったりするから。おおよその目安はこちらです。



極小粒……食材を引き立てる大きさなので、料理の材料としても使いやすいです。
小粒……ポピュラーな大きさで、粒感もほどほどに感じられます。
中粒……ごはんとのバランスがよく、一緒に食べるのに向いています。
大粒……歯ごたえと満足感が十分で、ぜひそのまま味わいたい大きさです。


味はもちろん、コスパや
食べやすさもトータルで採点


今回は検証にあたり、料理研究家 小越明子さん(写真左)と、管理栄養士・節約美容料理研究家 金子あきこさん(写真右)のお二人ににご協力いただき、以下の方法で評価を行いました。なお、本検証はLDK2016年12月号発売当時の結果、価格は検証時に編集部にて購入した価格となります。



[検証方法]
100点満点で、以下3項目のトータル点を採点します。

〔(60点満点)
納豆単体での旨み、タレやからしとの調和はもちろん、ごはんや海苔、小ネギなど薬味との相性もチェックしました。

▲灰好僉20点満点)
値段に見合った美味しさがあるかを評価。安くてお値段以上の味であることはもちろんのこと、高くても美味しいものは高評価になります。

食べやすさ(20点満点)
スムーズに開封できるかも大切! パッケージの開封のしやすさ、タレやからしなどの袋の扱いやすさも採点しました。

今回検証して感じたのは、納豆そのものと付属のタレ・からしとの味のバランスの重要さ。単体では豆の旨みが抜群な納豆でも、タレが甘すぎたり、からしが辛すぎたりして納豆の味を損なっているものがありました。また「豆のほろ苦さがご飯と合わせると最高の旨みに変わる」こともポイントになります。納豆は独特のにおいがあるので、ほろ苦さがあるほうが後味がスッキリします。ただ、くどい苦みを感じるものについてはマイナスポイントとしました。

また、評価には加えていませんが、好みの分かれる「ねば度」も5段階で表示しています。



ねば度は、タレ・からしなしで10回箸で混ぜ、最もよく糸を引いてねばる納豆を5とし、ねばりが弱くなるに従い4〜1で表示しました。さらさらした納豆が好きな方は、3以下がオススメです。

それでは、納豆ランキングの発表です!


【1位】豆の旨味が最高!
高くても納得の成城石井


ふっくらしつつも芯がしっかりしていて、豆の旨みが大好評だったのが成城石井の中粒納豆。しょうゆ、砂糖、みりんなど自然派の調味料で味付けされたタレが、より豆の味を引き立てています。「高くても買います」という声が多く聞かれた逸品です。



成城石井
北海道産大豆100%納豆中粒
購入価格:215円
内容量:40g×3パック
大豆の産地:北海道



総合95点、味は満点を獲得しました。



ねば度は3です。



パッケージの中身はこちらです。中粒で存在感もあります。



ひと粒です。ふっくら炊きあがっていながらも、芯がしっかりしていおり旨味を感じます。



化学調味料が一切使われていないタレは、手間ヒマとこだわりを感じます。ちょっと高いですがこれなら納得できます。


【2位】出汁の効いたタレ
セブンプレミアムの小粒納豆


ふっくらとした豆は、自然な甘みで、かみ応えもあり美味しい。タレは甘すぎず、カツオの出汁が利いています。辛さ控えめのからしがいいアクセントになっています。



イトーヨーカドー
セブンプレミアム北海道産大豆小粒納豆
購入価格:100円
内容量:45g×3パック
大豆の産地:国産



総合点と内訳です。1パック33円というコスパは素晴らしい!



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



カツオ仕立てのタレは、ほどよい甘さで豆とのバランスが良いです。からしも辛すぎません。


【3位】スッキリシンプルな味
ミツカンのくめ納豆丹精


豆はふっくらとやわらかく、甘みは少なめでスッキリとした味に仕上がっています。そのため、そのまま食べるのはもちろん、料理にも使いやすく応用範囲が広いです。タレはしいたけの自然な味です。



ミツカン
くめ納豆丹精
購入価格:214円
内容量:40g×2パック
大豆の産地:北海道



総合点と内訳です。使用感もよく、総合点をあげました。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



しいたけの出汁が豆とよく合います。からしは嫌な辛みはなく、薬味も付いているのが手軽です。また、切り取りのガイドがが親切で、開けやすいのもポイントをあげました。


【3位】豆の固さと糸の引きが
好評のカップ入り天狗納豆


しっかりとした歯ごたえを感じる固めの豆で、糸の引きが細かい天狗納豆。味は、後味のいいほろ苦さがあり、甘すぎないタレとよく合います。カップ入りなので開けやすく、高めの値段にも納得です。



天狗納豆
天狗納豆丸カップ入り納豆(2個入り)
購入価格:213円
内容量:50g×2パック
大豆の産地:国産



総合点と内訳です。カップ入りで食べやすく、使用感もバッチリでした。



ねば度は3です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレは甘すぎません。豆のほろ苦さとよくマッチしています。


【5位】20gの食べきりサイズ
ミツカンのくめ納豆プチカップ


豆の一粒一粒がとてもふっくらとしています。1カップ20gはやや少な目ですが、「軽めの一膳のごはんにちょうどいい」との評価でした。1パックあたりの値段は高めですが、味の良さが際立っているので、オススメです。



ミツカン
くめ納豆プチ北海道納豆4カップ
購入価格:160円
内容量:20g×4パック
大豆の産地:北海道



総合点と内訳です。



ねば度は5です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレとからしはこちらです。


【6位】自然な苦味の後味
広田さん大豆納豆すず姫


豆はふんわりと柔らかく、自然な苦みがタレとよくあっていて、ピリッと引き締まった後味になっています。細いけど、しっかりした糸引きです。



黒森納豆本舗
広田さん大豆納豆すず姫
購入価格:170円
内容量:50g×2パック
大豆の産地:北海道



総合点と内訳です。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレとからしです。苦味のある豆を引き締めます。


【7位】豆もタレも自然な味わい
トップバリュの北海道産小粒納豆


タレと豆の自然な味が好評だったのが、トップバリュの小粒納豆です。豆はふっくらと炊きあがっており、自然な甘みがあります。タレは甘すぎず、豆の香りを引き立てます。



イオン
トップバリュセレクト
北海道音更町産大豆使用小粒納豆
購入価格:170円
内容量:40g×2パック
大豆の産地:北海道



総合点と内訳です。



ねば度は3です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



甘すぎないタレ。付属の薬味はもちろん、海苔、小ネギとも合います。


【8位】固い豆と甘いタレで好みが
分かれる、あづま食品極小粒納豆


こちらのあづま食品の小粒納豆は、豆が固めで評価が分かれた一品です。「ごはんとの一体感に欠ける」というマイナス評価がある一方、「存在感があっていい」という意見がありました。甘いタレとマスタードのようなからしは、子ども向けのようです。



あづま食品
有機そだち極小粒納豆2カップ
購入価格117円
内容量:30g×2パック
大豆の産地:アメリカ



総合点と内訳です。



ねば度は5です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレは甘めで、からしも辛さはなくマスタードのような風味になっています。


【9位】コーヒーのような苦味が
ご飯と相性抜群! 粢(しとぎ)


そのまま食べると、少しだけ感じるコーヒーのような苦みが特徴の金砂郷食品・粢(しとぎ)。この苦味が、ごはんの甘みと相性抜群です。カツオの風味を感じるタレや、添付の九条ネギも納豆の味を引き立てています。一点、値段が高めなのがネックです。



金砂郷食品
粢(しとぎ)納豆小粒
購入価格:213円
内容量:40g×2パック
大豆の産地:茨城県



総合点と内訳です。



ねば度は3です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



カツオ風味のタレに、薬味としてついている九条ネギが豆を引き立てます。


【10位】タレが惜しい!
ミツカンくめ納豆秘伝金印


ほどよい固さに発酵しており、豆の自然な旨みが高評価だったのがこちら。開けやすいパックも好印象です。ですが、甘すぎるタレのせいでせっかくの豆の味が損なわれる点が気になりました。



ミツカン
くめ納豆秘伝金印ミニ3
購入価格:85円
内容量:40g×3パック
大豆の産地:アメリカorカナダ



総合点と内訳です。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



からしはかなり辛いです。


【11位】大定番おかめ納豆は
まずまずの評価


納豆の大定番おかめ納豆は、柔らかくほどよい食感で、豆の大きさもご飯と一体感があり、子どもでも食べやすくなっています。ただ、豆の苦みがくどいのと、パックを開けるとフチが割れるといったところがマイナス評価となりました。



タカノフーズ
おかめ納豆極小粒ミニ3
購入価格:81円
内容量:50g×3パック)
大豆の産地:アメリカorカナダ



総合点と内訳です。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレとからしはこちら。


【12位】せっかくのうまさなのに
残念なパッケージの篠原商店小粒


小粒ながらしっかりした粒感があり、固さも適度な篠原商店のうまい納豆小粒。豆とバランスがとれたタレも好評でした。ですが、パッケージやタレなどが開けにくく、評価を下げてしまいました。



篠原商店
うまい納豆小粒
購入価格:321円
内容量:50g×3パック
大豆の産地:アメリカ



総合点と内訳です。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレとからしの味もよく、豆とのバランスは良いです。


【13位】豆の味がイマイチ
スマイルライフの小粒納豆


北海道産の大豆を使用しており、一見美味しそうでしたが、後味に雑味とエグみを感じます。入れると豆の粘りがなくなるタレもマイナスポイント。開けやすいパッケージとからしの風味は好評でした。



スマイルライフ
北海道産大豆小粒納豆
購入価格:102円
内容量:40g×3パック
大豆の産地:北海道



総合点と内訳です。



ねば度は2です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



からしの風味は好評でした。


【14位】豆の風味が足りない
西友・国産中粒納豆


やや固めの豆は、豆本来の甘みや風味が感じられず、食感もよくありません。タレも、めんつゆのような味しかせず、全体的に納豆を食べたという満足感に欠けます。



西友
みなさまのお墨付き
国産中粒納豆
購入価格:88円
内容量:40g×3パック
大豆の産地:国産



総合点と内訳です。



ねば度は4です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



タレというより、めんつゆみたいな味です。


【15位】辛子の香りが気になる
トップバリュ極小粒納豆


やわらかすぎて苦みがある豆は、糸の引きが弱く、発酵が足りていない印象です。からしに入ったウコンから漂うインド料理系の香りもイマイチ。安くてもこの味だと、コスパがいいとは言えません。



イオン
トップバリュ
混ぜやすくて食べやすい極小粒納豆
購入価格:78円
内容量:45g×3パック
大豆の産地:アメリカorカナダ



総合点と内訳です。



ねば度は3です。



パッケージの中身はこちらです。



ひと粒です。



以上、極小粒・小粒・中粒の納豆全15種類のランキングをご紹介しました。食卓に欠かせない納豆、これを機にぜひこだわって選んでみてください。なお、大粒編、ひきわり編、変わり種編も近日公開しますので、そちらも乞うご期待!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。