「もうディスプレイには戻れない」欧州サッカーも映画も、お好きな場所でシアター化!

写真拡大 (全9枚)

手っ取り早く大画面で楽しみたいならホームシアターが最適なのだけど、設置する場所に悩むし配線するのもメンドウで……というアナタ! 手のひらサイズでコードレスという、斬新すぎるセットを試してみませんか?


このセットがあれば
お好きな場所が映画館!


たとえばベッドルームで横になりながら、ホームパーティーで集まった先で、アウトドアで出かけた場所で好きな映像コンテンツを大画面で見ることができたら。そんな夢のような話を実現できるのが、これからご紹介するプロジェクターセットです。

セットとして市販されているわけではありませんが、それぞれが持つ特性をカンペキに補完する関係性がすばらしすぎたため、おすすめさせていただく次第です。

なにしろ、手のひらサイズで移動はラクラク、おまけに配線なんかのメンドウもナシ。私はこのセットを活用して、大画面でサッカー漬けの日々を送っております。ああ、早く帰宅したい! となることうけあいですよ。


超コンパクトで即ホームシアター
話題の最強セット


これがその全貌です!



セット内容は、プロジェクター+三脚+Fire TV Stickというもの。

プロジェクターというとごっちゃりしたケーブルをセットしなければならない印象があるかもしれませんが、ご覧の通りのシンプルさ。



これなら機械が苦手でも数秒でセッティングできるのでは。全部揃えても約4万円という価格面も見逃せません。

それでは、まずひとつひとつの製品について、ご紹介します。


最大のポイント、
超お手軽プロジェクター



ASUS
ZenBeam E1ポケット
実勢価格:3万202円
サイズ:W83×H29×D110mm
重量:約307g


本体となるプロジェクターは、ASUSの「ZenBeam E1」。面倒な配線接続なしで最大120インチの巨大映像を投影でき、台形補正もきっちり効きます。

スピーカーを内蔵しているので、壁さえあれば家中どこでもすぐにミニシアターに早変わりしちゃうわけです。



重たくてケーブルがゴチャっとしているイメージのプロジェクターですが、こちらはガチでシンプル&コンパクト。



内蔵バッテリーは最大5時間の視聴が可能。映画でもスポーツでもきっちり最後まで観られます。


Fire TV Stickが
相性バツグンなんです!



Amazon
Fire TV Stick
実勢価格:4980円


こちらはご存知「Fire TV Stick」。映像コンテンツをいつでもどこでも楽しめるという特性が、プロジェクターである「ZenBeam E1」とバツグンに相性がいいんです。

ちなみに、これで観られる動画配信サービスは、
Amazonプライムビデオ
YouTube
Hulu
Netflix
dTV
dアニメストア
スポナビライブ
DAZN

などなど。

これらのコンテンツを自由気ままに大画面で楽しめる……うん、やっぱり最強のマッチングです!


フットワークの決め手は
Amazon人気のお手軽三脚



Manfrotto
ミニ三脚 PIXI MTPIXI-B カメラ用
実勢価格:2209円


最後の製品はAmazonでもベストセラーになっているコンパクト三脚です。角度調整が超カンタンで、先に紹介した2製品の脚として最強のパフォーマンスを発揮します。



赤いボタンを押しながら角度や左右を自在に調整し、適切な角度が定まったらボタンを離す。これで即固定されます。

「いつでもどこでも」というキーワードで結びついたこの3点セット。一度味わったら、もはや手放せません……というのは私の主観になってしまいますが、絶対的におすすめであることは間違いありません!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。