カザフスタン、オランダ、ハンガリーが昇格、クロアチア、スイス、ドイツ、日本、カナダは残留 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ]

写真拡大

 男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ」(9月15〜17日)が各地で開催され、カザフスタン、オランダ、ハンガリーが昇格、クロアチア、スイス、ドイツ、日本、カナダは残留を決めた。

 デ杯はは3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦で、初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

◇   ◇   ◇

アルゼンチン[1] 2-3 カザフスタン(カザフスタン・アスタナ/室内ハードコート)

R1 ○ミカエル・ククシュキン 6-7(5) 7-6(5) 6-2 6-4 ●ギド・ペラ
R2 ●ドミトリー・ポプコ 4-6 2-6 2-6 ○ディエゴ・シュワルツマン
R3 ○ティムール・ハビブリン/アレクサンドル・ネドベソフ 5-7 6-4 7-5 6-4 ●マッシモ・ゴンサレス/アンドレス・モルテーニ
R4 ○ミカエル・ククシュキン 6-4 6-4 7-6(2) ●ディエゴ・シュワルツマン
R5 ドミトリー・ポプコ 打切 ギド・ペラ

------------

クロアチア[2] 4-1 コロンビア(コロンビア・ボゴタ/クレーコート)

R1 ○マリン・チリッチ 6-1 6-4 6-1 ●アレハンドロ・ゴンサレス
R2 ●フランコ・シュクゴール 4-6 6-4 7-5 4-6 2-6 ○サンティアゴ・ヒラルド
R3 ○マリン・チリッチ/ニコラ・メクティッチ 5-7 6-7(5) 6-4 6-2 6-4 ●フアン セバスチャン・カバル/アレハンドロ・ファージャ
R4 ○マリン・チリッチ 6-3 6-4 6-4 ●サンティアゴ・ヒラルド
R5 ○ビクトル・ガロビッチ 6-4 2-6 6-2 ●アレハンドロ・ゴンサレス

------------

スイス[3] 3-2 ベラルーシ

R1 ●ヘンリー・ラクソネン 4-6 2-6 6-7(3) ○ヤラスラフ・シャイラ
R2 ○マルコ・キュードネリ 6-3 4-6 6-4 6-3 ●Dzmitry ZHYRMONT
R3 ●アドリアン・ボドメ/ルカ・マルガロリ 6-7(6) 6-7(4) 6-7(3) ○マックス・ミルニー/アンドレ・バジレンスキー
R4 ○ヘンリー・ラクソネン 6-2 6-2 5-7 6-2 ●Dzmitry ZHYRMONT
R5 ○マルコ・キュードネリ 6-4 6-3 6-4 ●ヤラスラフ・シャイラ

------------

チェコ[4] 2-3 オランダ

R1 ○イリ・ベセリ 4-6 6-3 4-6 6-4 6-4 ●ティーモ・デ バッカー
R2 ○ルーカシュ・ロソル 6-7(5) 6-3 6-2 3-6 7-5 ●ロビン・ハッサ
R3 ●ロマン・イェバヴィ/アダム・パブラシェク 6-4 4-6 6-7(1) 4-6 ○ロビン・ハッサ/マットヴェ・ミドルコープ
R4 ●イリ・ベセリ 1-6 6-1 3-6 4-6 ○ロビン・ハッサ
R5 ●ルーカシュ・ロソル 6-3 4-6 4-6 4-6 ○ティーモ・デ バッカー

------------

ドイツ[5] 3-2 ポルトガル

R1 ○セドリック マルセル・ステッベ 4-6 6-3 6-3 6-0 ●ジョアン・ソウザ
R2 ●ヤン レナード・ストルフ 2-6 5-7 6-7(5) ○ペドロ・ソウザ
R3 ○ティム・プッツ/ヤン レナード・ストルフ 6-2 4-6 6-7(5) 6-4 6-4 ●ガスタン・エリアス/ジョアン・ソウザ
R4 ○ヤン レナード・ストルフ 6-0 6-7(3) 3-6 7-6(6) 6-4 ●ジョアン・ソウザ
R5 ●ヤニック・ハンフマン 3-6 6-7(8) ○ジョアン・ドミンゲ

------------

日本[6] 3-1 ブラジル

R1 ○杉田祐一 6-2 7-5 7-6(5) ●ギジェルメ・クレザ
R2 ○添田豪 3-6 6-4 6-3 6-7(1) 6-4 ●チアゴ・モンテーロ
R3 ●マクラクラン勉/内山靖崇 6-7(2) 4-6 2-6 ○マルセロ・メロ/ブルーノ・ソアレス
R4 ○杉田祐一 6-3 6-2 6-3 ●チアゴ・モンテーロ
R5 添田豪 打切 ギジェルメ・クレザ

------------

ロシア[7] 1-3 ハンガリー

R1 ●アンドレイ・ルブレフ 2-6 4-6 7-5 6-2 3-6 ○マートン・フクソービッチ
R2 ○カレン・カチャノフ 3-6 6-2 7-6(12) 6-1 ●アティラ・バラス
R3 ●コンスタンティン・クラフチュク/ダニール・メドベデフ 6-7(4) 4-6 6-7(4) ○アティラ・バラス/マートン・フクソービッチ
R4 ●カレン・カチャノフ 5-7 4-6 4-6 ○マートン・フクソービッチ
R5 アンドレイ・ルブレフ 打切 アティラ・バラス

------------

カナダ[8] 3-2 インド

R1 ●ブレイデン・シュナ 7-5 6-7(4) 5-7 5-7 ○ランクマー・ラマナサン
R2 ○デニス・シャポバロフ 7-6(2) 6-2 6-7(6) 4-6 6-1 ●ユキ・バンブリ
R3 ○ダニエル・ネスター/バセック・ポスピ ショル 7-5 7-5 5-7 6-3 ●ロハン・ボパンナ/プラブ・ラジャ
R4 ○デニス・シャポバロフ 6-3 7-6(1) 6-3 ●ランクマー・ラマナサン
R5 ●ブレイデン・シュナ 4-6 6-4 4-6 ○ユキ・バンブリ

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)でブラジルを破り、ワールドグループ残留を決めた日本チーム
Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 18: Yuichi Sugita (3rd L) of Japan celebrates the team's 3-1 victory with Go Soeda (2nd L) of Japan and team staff after winning his singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day four of the Davis Cup World Group Play-off between Japan and Brazil at Utsubo Tennis Center on September 18, 2017 in Osaka, Japan. (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)