先日、フロント全面を有機EL(OLED)ディスプレイが覆うデザインが特徴的なiPhone Xが発表されました。このデザインをMacBook Proに応用したらどうなるかをイメージした、コンセプト画像が公開されています。
 
デベロッパー兼デザイナーのダニエル・ボナテス氏が、ベゼルレスなデザインを採用した次期MacBook Proのコンセプト画像3種を公開しています。
 
ひとつめはiPhone Xと同じように、上部中央に切り欠き(ノッチ)があり、画面下に「MacBook Pro」のロゴが入ったデザインです。
 


 
2つめは切り欠きはありますが、ロゴ部分までディズプレイを広げたデザイン。
 


 
3つめは切り欠きもロゴもなくした、完全なベゼルレスです。
 

 
iPhoneで全面ディスプレイを採用したからといって、ノート型であるMacBook Proも同じデザインになるとは少々考えにくいのですが、実はDellが、ベゼルが限りなく細いノートPC「Dell XPS 13」をすでに販売していました。
 

 
Apple製品に話を戻すと、次に全面ディスプレイを採用するのはiPadではないかという期待から、物理的なホームボタンを排除し、ベゼルレスとしたiPad Proのコンセプト画像も公開されています。
 

 
また@simK-be氏はTwitter上で、2018年にリリースされる(ことが期待される)iMac 5Kのコンセプト画像を公開しています。こちらは上部中央に黒い切り欠き部分があり、上部と両横のベゼルは極端に細いデザインとなっています。
 


 
 
Source:Twitter(Daniel Bonates)
(lunatic)