梅沢富美男

写真拡大

18日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、男性の会計方法に苦言を呈した女性について、番組コメンテーター陣から非難の声が相次いだ。

番組では「支払い方が気持ち悪い」と題し、J-CASTトレンドの記事を取り上げた。記事によると、インターネット掲示板に書き込まれた「お会計が『680円』だったから、『1180円』出したら連れの女に『そういう出し方する男気持ち悪い』って言われた」との嘆きに、賛否が集まり話題になっているという。

この記事について、女装家のダイアナ・エクストラバガンザは「『男のくせに』ってことでしょ。こういうこと言う女に限って『女のくせに』って言われたら怒り出す」と指摘した。「本当に気に食わないこういう女!」「お前の金か!?」「なにしようがいいじゃないの!」と声を荒らげ、笑いを誘った。

一方、女装家のナジャ・グランディーバも「私は計算が苦手なので、パパパッと計算できる人は、尊敬できる」「素敵だなと思う」と男性を擁護。「スマートに払うほうがいいと思う」とした。

俳優でタレントの梅沢富美男は、厳しい表情で「金払うのにいちいち『ああしたほうがいい、こうしたほうがいい』大きなお世話だと思うよ」「その人の自由に払えばいいこと」とバッサリ。「そんなこと言ってる女ってのは、何したってこういうことばっかり言ってんだよ」と、女性を非難していた。

【関連記事】
鈴木砂羽の初演出舞台の降板騒動 梅沢富美男が怒り「お客さまに失礼」
梅沢富美男の役者引退を引き止めた巨匠「無名な役者は『壁』なんかねぇよ」
梅沢富美男 日野皓正氏の「ビンタ動画」を流せない番組の予算事情に呆れ