シャープが「AQUOS R Compact」を出願!写真は今夏スマホのAQUOS R

日本国 経済産業省 特許庁(JPO)は12日、シャープがスマートフォン(スマホ)などの分類として「AQUOS R Compact」という商標を2017年8月30日に出願したことを公開しています。

商願は「2017-114808(T2017-114808)」。独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)と共同で運営する「特許情報プラットフォーム|J-PlatPat」にて調べることができます。


シャープでは今夏にフラッグシップスマホの新モデルとして「AQUOS R」を投入し、これまでNTTドコモやau、SoftBankなどに各々違った商品名を付けていたものを新たに統一しました。

今回、商標を取得したAQUOS R Compactはその小型モデルと見られ、従来までもNTTドコモ向け「AQUOS Compact」やau向け「AQUOS SERIE mini」、SoftBank向け「AQUOS Xx mini」などとして販売してきた小型モデルをAQUOS Rと同様に統一してきそうな感じです。

商標を取得したから発売するとは限りませんが、これまでを考えれば、こうした機種の変わりに2017-2018冬春モデルあたりに投入されるのではないかと予想されます。気になるのはどこまで高性能になるかですが、フラッグシップのAQUOS Rの小型モデルというだけあってそれなりにはなって欲しいところです。

ソニーモバイルコミュニケーションが「Xperia」の小型モデルを2年ぶりにハイエンドにした「Xperia XZ1 Compact」を投入しますし、今年後半から来年前半あたりにはシャープからもコンパクトハイスペックが発売されるとなると小型機種が良いという人も多いですし、楽しみですね!

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・特許情報プラットフォーム|J-PlatPat
・シャープ スマートフォン・携帯電話 AQUOS公式サイト