(参考画像)エマニュエル・ムホー「混色」

写真拡大

 愛媛県今治市の染色技術を紹介する大規模な展覧会「IMABARI Color Show」が開催される。会場と会期は、東京・スパイラルガーデンで2017年12月7日から10日まで、今治・今治市みなと交流センターで2018年2月2日から12日まで。
 愛媛県今治市は、蒼社川の「名水晒」によって育てられたタオルの産地として名高いだけではなく、優れた染色技術を持つ。昭和40年設立の愛媛県繊維染色工業組合では現在、8社で今治の染色技術を支えている。
 今治市の染色技術にフォーカスを当てる「IMABARI Color Show」では建築家のエマニュエル・ムホーが1,000色を使ったインスタレーションを展開し、染色に必要な調合割合や温度湿度、時間の概念を「色のレシピ」として視覚的に表現する。また、一般社団法人日本流行色協会とのコラボレーションにより生まれた「今治の色」と染色技術の特別展示も行われる。
 今治での会期中にはオープンファクトリーと称し、普段は公開していない染色工場を見学するツアーや国内外で活躍するゲストを招いたトークを実施する。