モラハラ夫にカップルカウンセリングは果たして有効か?

写真拡大

夫がモラハラだと気づいたとき、夫に自覚させるのもかなり難しそうだが、妻はどう対処すべきなのか。「教えて!goo」にも、「モラハラのカウンセリングを探しています」という質問が寄せられており、悩んでいる人は多いようだ。実際、カウンセリングでモラハラ問題は解決するものだろうか。今回、行政書士であり、離婚カウンセラーとしてモラハラ問題にも詳しい阿部貴子さんに意見を聞いてみた。

■モラハラでカウンセリングを受ける意味

阿部さんによると、そもそも妻がカウンセリングを受けようと思うまでには、ある程度の時間を要するという。

「夫がモラハラであると確信するまでには、結婚から10年前後経っていることが多いです。『お前がなっていない』と言われ続け、最初のうちは妻も一生懸命努力するのですが、一向に改善せず、夫も満足しないというケースです。浮気、DVなどと違って、明白な出来事があるわけではないので、『私がおかしいのではなく、夫がモラハラだ』と気づくには、一定の年月がかかるのです」(阿部さん) 

モラハラが長期に及べば、妻も憔悴しきってしまうことだろう。そんな中、意を決してのぞんだカウンセリングの効果はどのようなものだろう。

「妻だけがカウンセリングに通って夫のモラハラを直すのは難しいです。しかし、妻としてどのように人生を取り戻していくのかという趣旨で通うのはよいと思います。妻が思いこんでいるだけのケースもありますので、カウンセリングをきっかけに夫婦関係が改善する可能性はあります。また、夫サイドから『妻からモラハラといわれてしまった』という相談もあります。夫に自らを改めようとする姿勢があるなら、通ってみるのもよいと思います」(阿部さん)

夫が自分を省みない場合は、効果を期待するのは難しいようだ。さらに、カウンセリングには別のリスクもあるという。

「注意すべきは、モラハラの二次被害です。たとえば、『あなたの表現がきつい』といった具合に、妻力の不足を指摘されるようなケースです。モラハラをする夫自身は通わないのですし、専門家を妄信してしまう点からもおすすめできません。実際、一向に事態が改善されず、『私はなんて妻力が低い女なのだ』と、落ち込む人も少なくありません」(阿部さん)

指導内容の質や改善見込みを踏まえ、カウンセラーからの指導内容を冷静に判断する力が必要であるということだ。

■カップルカウンセリングで改善は見込めるか

夫婦で受けるカップルカウンセリングの場合はどうなのだろう?

「そもそもモラハラ夫は同席してくれないことが多いです。仮に同席したとしても、『ほら、俺が正しいだろう』と、いかに自分が正しいかを主張することが多々あります。30年、40年かけて築かれた夫の人格が、何度かのカウンセリングで変わるのかという疑問もありますし、変わろうとする気持ちがない場合が多いです。奇跡的な話やまれなケースもあるので、直る可能性がゼロとはいえませんが、重要なのは、カウンセラーの意見を妄信せず自ら状況を判断することです」(阿部さん)

モラハラをするような夫なら、カウンセラーに自分の正当性をアピールする可能性も十分に考えられる。カウンセラーの意見も、状況判断の一要素と認識することが大切なのだろう。

■誰が指摘すれば納得するのか

では、誰が「あなたはモラハラだ」と指摘すれば夫は納得するのだろう?

「モラハラかどうかがグレーな夫の場合は、自らを直そうとする姿勢があるので、妻から言われれば直る希望が持てます。しかし、離婚相談でよくみかける自分が正しいと思いこんでいるケースでは、本人を納得させるのはカウンセラーでも難しいです。真底、自分が正しいと思っているので、『あのカウンセラーじゃだめだ』となるのです。夫の人格を否定することになってもいけませんし、仮に本人が判定に納得したとしても、そこから人格を変えていくことは別問題です」(阿部さん)

モラハラ問題は、夫婦が協力して立ち向かうさまざまな問題とはまるで別のものと理解する必要がある。少ない可能性と割り切って、カップルカウンセリングを受けてみるのもよいかもしれない。その後、冷え切った夫婦関係のもと、治るか定かでない夫のモラハラにつきあっていくかどうかは、自分の人生設計を踏まえ判断すべきであろう。

●専門家プロフィール:阿部 貴子
行政書士、離婚カウンセラー。一橋大学経済学部卒。「女性をしっかり支える阿部貴子の離婚相談」代表。夫の浮気、性格の不一致やモラハラなどによる離婚相談、また離婚後の財産分与など、さまざまな離婚カウンセリングに対し、豊富な経験を生かして自ら対応している。「モラハラ夫と離婚する方法」では、基礎知識や対策を紹介している。またシングルマザーやその予備軍によるい助け合いコミュニティ「シングルマ」などを運営する。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)