セガの本気がヤバすぎる【家庭用プラネタリウム3製品比較】

写真拡大 (全11枚)

室内に夜空を投影する家庭用プラネタリウム。この手の商品は、光が弱くてスグに飽きてしまう……というのは過去の話です。今回、比較的手に入りやすい価格帯の3製品を比較したところ、思いがけない驚きが待っていたのです。


夜空と音楽をつまみに晩酌
そんな贅沢を手軽に味わえます


朝起きて満員電車に乗り、会社で仕事して帰宅する……そんな毎日をこなす現代人は、知らないうちに小さなストレスも溜まっているはず。「たまには疲れを取りに温泉や旅行にでも」と思っても、なかなか時間が取れなかったり都合がつかず、ついつい後回しにしてしまいがち。そこでそんなあなたにご提案です。

大自然の中でしか味わうことができない満天の星空を、ご自分にプレゼントしてはいかがでしょう、しかも自宅で。今回はそれを可能にする家庭用プラネタリウム3製品を編集者数名で採点し、平均点を出しました。


ギネス認定されたプラネタリウム
制作者が共同開発というセガの本気



満足度98点(100点満点)
セガトイズ
HOMESTAR Classic
実勢価格:8599円
機能:日周運動機能、流星機能、タイマー3段階


家庭用プラネタリウム3製品を試してみて、最もおすすめなのが「ホームスターClassic」。星の大きさや雰囲気など、一番「本物の星空」に近かった製品です。それもそのはず、本製品は世界で初めて肉眼で見えない星まで投影し、約6万個の星数を実現しているのです!

セガトイズは本製品を、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏と共同開発したとのことですが、大平氏は「世界で最も先進的なプラネタリウム」としてギネス認定された「METGASTAR-cosmos」の製作者です。

そんなプロの本格的な技術を盛り込んだ家庭用プラネタリウムは、全天が一周する日周運動機能を搭載。しかも使ってみると、時々流れ星まで流れる。まるで大自然の中で星空を見ているような錯覚に陥りました。



この画像ではお伝えしきれないのが残念ですが、実際に真っ暗な部屋の中で見てみると星の大きさや天の川がとても繊細で、本当の星空の下にいるようです。



ソファにもたれて星空に包まれれば、日頃の疲れも吹き飛んで心も開放されること間違いなし!(画像は下記のホームスター専用ソフトを使用しています。肉眼ではなくても十分ですが、写真だと再現が難しかったためです)

また、ホームシアターシリーズは取り換え用の別売りソフトが豊富。いつもの星空に飽きてきたら、気になったものを試してみるのもおすすめです。



セガトイズ
「ホームスター」専用カラー原板ソフト「銀河・星雲・星団」
実勢価格:2700円


キレイさではピカイチですが
作り物感がちょっとあります



満足度89点(100点満点)
ナシカ
ASTRO THEATER
実勢価格:1万5000円
機能:日周運動機能、365日任意の時間の星座観測、タイマー3段階



次点につけたのは、「ASTRO THEATER」です。こちらは光量が多く、スイッチを入れるとぱっと明るく絵柄が出てとてもきれいでした。



ホームスターClassicと同じく星数は約6万個ですが、「キレイさ」を全面に出しているためかどこか作り物感がぬぐえなかったのも確か。

ただ、インテリアのひとつとして活用したり、子どもウケを狙うならアリです。


気分転換にはうってつけ
お手軽価格で手に入れるなら



満足度60点(100点満点)
セガトイズ
HOMESTAR Lite2
実勢価格:2982円
機能:日周運動機能などなし、タイマー1段階



最後にホームスターClassicと同じセガトイズから出ている「ホームスターLite2」。光量が弱いので少し物足りなさを感じましたが、このお値段ならまずまずでしょう。本格さを求めるよりも気分転換程度になら使えそう。



星空もちょっと物足りなげ。星というよりは光の粒といった感じでした。

疲れた日常を自宅で癒せる家庭用プラネタリウム。リラックスした格好で好きな飲み物でも飲みながら、ゆったりと星空に抱かれてみてはいかでしょうか。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。