あ、買わなきゃソン!と思いがちですが…

写真拡大

万能のように思いがちですが、脳も間違えるって知ってますか? 特に「おトクかも!?」とそそられる情報ほど、損したくないあまりに脳がカン違いしてしまうことも。日常にありがちな例を経済コラムニストの大江秀樹さんに教えてもらいました。

【写真を見る】あなたのスマホ、こんなアプリ入ってない?

【「金利・手数料はこちらが負担します」というテレビ通販はおトク】

●サービスではなく、値段に含まれているから無料と考えて

心引かれるフレーズですが、これは一種のいいかえ。「単に金利・手数料はかかりません、という言い方よりも、こちらが負担しますといわれると、特別に優遇してくれるように聞こえますよね。その手数料分も値段に含まれていると考えるべき」(大江さん)。

【毎月たった300円のアプリなら安いもの】

●支払う金額を細かくいいかえて安いと錯覚させる

「毎月300円ということは1年で3600円。一般的なクレジットカードの年会費よりも高いのでは。これは、支払う金額を小さく見せることによって錯覚を起こす方法です。本当に年3600円払う価値があるアプリか判断を」(大江さん)。

売る側はアノ手コノ手で財布のひもを緩めさせようとしています。あ、おトク!と引っかかる前に、深呼吸。本当におトクかどうか、冷静に考えてみる必要がありそうです。