18日、中国版ツイッター・微博に、離陸前の飛行機内で座席をめぐって激怒した女性のために、28分の遅延が発生したことを伝える動画の投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年9月18日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、離陸前の飛行機内で座席をめぐって激怒した女性のために、28分の遅延が発生したことを伝える動画の投稿があった。

動画によると、窓際のA席に座ろうとしたこの女性は、B席とC席に座っていた男性が少し足を横にしただけで立ち上がらなかったことに激怒。この2人の男性を口汚くののしり始めた。

警察がやってきて女性を諭したものの、聞く耳を持たず暴力を振るったため、結局女性は機内から降ろされ、6日間の行政拘留処分を受けた。調べによるとこの女性は、お酒を飲んで搭乗しており、今では自分の言動について深く反省しているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはブラックリスト入りだな」「まるで皇太后であるかのようだな」などの批判するコメントが多く寄せられたがそれも当然だろう。

また、「ファーストクラスなら座席もゆったりしているのに」「この民度だったらチャーターした方がいい」「次は3席分まとめて買っておくんだな。そうすれば誰も邪魔にならない」などの意見もあった。

ほかには、「こういう人は外出してはいけないと思う」「こういう人は無期懲役にして出さない方がいい」「拘留6日というのを見て拍手を送りたくなった。拘置所の中でゆっくりののしっていればいいさ」というコメントもあり、多くのユーザーがこの件を不快に感じたようである。(翻訳・編集/山中)