飲酒運転容疑で逮捕のルーニーに判決 2年間運転禁止、1年間で100時間の社会奉仕活動

写真拡大

古巣ユナイテッド戦を終えた翌18日に出廷 飲酒運転の罪を認め判定受け入れる

 エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは9月1日の深夜に飲酒運転の容疑で逮捕された。

 古巣マンチェスター・ユナイテッドとの試合を終えた翌日の18日にストックポート治安判事裁判所に出廷した。

 英公共放送「BBC」などの大手メディアはルーニー出廷のニュースを速報。ルーニーは飲酒運転の罪を認めた。

 そして、英紙「マンチェスター・イブニングニュース」によれば、ルーニーは逮捕時に呼気100ml中のアルコール濃度が法的限界値(100ml中35mg)を大きく越える104mgを検出していたという。そして、ルーニーに下された処分は2年間の運転禁止と今後1年間で計100時間の社会奉仕活動ということになった。

 ルーニーは法廷で「法的限界を越えた自分の良識の欠如を公に謝罪します」、「私は完全な誤ちを犯しました」などと反省の弁を述べていたという。家族にも謝罪したことを明かし、「当然ながら裁判所の判決を受け入れ、社会奉仕活動を通じて改心できればと思っています」と心を入れ替えていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images