PSGに内紛危機が勃発! ネイマールとカバーニ、PKとFKキッカー巡り小競り合い

写真拡大

敵地リヨン戦、FKでカバーニがボールを取りに行くとネイマールが拒否


 
 今季リーグ開幕6戦全勝中のパリ・サンジェルマン(PSG)に内紛危機が勃発した。

 今季2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でバルセロナから加入したブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが17日の第6節、敵地リヨン戦でPKとFKキッカーを巡り、ピッチ上で小競り合いを展開。ブラジル代表DFダニエウ・アウベスも介入する一幕が起きた。

 後半10分、ネイマールが獲得したFKのチャンス。キッカーは決まっていたのだろうか。カバーニがキッカーを務めようとボールを取りに行くと、ネイマールが拒否。緊張が走り、小競り合いに発展するなか、アウベスがなぜかボールを強奪し、同僚のネイマールにキッカー役を託す場面もあった。

 ネイマールが放ったシュートは相手GKの好セーブに阻まれ、ゴールはならなかった。そして、後半35分にはPSGはPKのチャンスを手にしたところで、再び緊張が走った。

 ボールを置いたキッカー役のカバーニにネイマールが歩み寄る。カバーニはここでは譲らずにキッカーを務めた。ネイマールからのプレッシャーに力んだのか。シュートはポストを叩き、ゴールならず。オウンゴール2発で勝利を飾ったPSGだが、きな臭さが漂っている。

指揮官は「自分たちで解決しろと伝えた」

 試合後の記者会見で、PSGのウナイ・エメリ監督は当事者たちによる問題と主張した。英公共放送「BBC」によると、指揮官は次のように語ったという。

「彼らに自分たちで解決しろと伝えた。彼らにはそれができると考えているし、どちらも我々のキッカーだと思っている。もしも、彼らが合意に達することができないのなら、私が決めることにする。我々の問題にはしたくない」

 ネイマール、アウベスのブラジル勢と背番号9のカバーニの間に走る火花。ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアらスーパースター揃いのPSGで、スターたちの共存は可能になるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Radioestadio公式ツイッターが投稿した「ネイマール×カバーニによる小競り合いの様子」


Radioestadio公式ツイッターが投稿した「ネイマール×カバーニによる小競り合いの様子」