出典:https://www.shutterstock.com

みなさん、飲み会で男性に執拗に誘われた経験ありませんか?

男性が誘うのはあなたが魅力的だからかもしれませんが、もしかすると“お持ち帰りOK”と勘違いする言動があるからかもしれませんよ。

そこで今回は、男性が“お持ち帰りOK”と勘違いする言動をピックアップ。

勘違いされたくない女性は、参考にして下さい。

 

■「予定がない」「暇」発言

お持ち帰りを希望する男性が気にしているのは、この後の展開です。

意中の女性が飲み会の後に予定が何もなければ、お持ち帰りや2次会、3次会に期待してしまうかもしれませんよね。

男性が“お持ち帰りOK”と勘違いする言動は、男性に“期待”を持たせてしまう言動。

男性に変に勘違いされたくない女性は、期待が膨らみそうな発言は控えた方がいいかもしれませんよ。

 

■断れない態度・押しに弱い態度

男性が「お持ち帰りできるかも」と勘違いする女性のタイプは、断れないタイプや押しに弱いタイプの女性です。

男性にとって押しに弱い女性というのは、精神的なハードルが低く「もしかすると……」を期待させてしまう可能性があります。

押しに負けない強気な心持ちを持つことができれば、男性の期待を最初から削ぐことができると思いますよ。

逆に意中の男性にお持ち帰りされたい女性は、押しに弱いタイプを演じるとお持ち帰りのキッカケが作れるかもしれませんね。

 

■スキンシップや距離感

男性が“お持ち帰りOK”と勘違いする女性の言動は、女性からのスキンシップの頻度や距離の近さです。

お酒に酔って絡みすぎたり、距離感が近かったりと、男性はそれを好意と受け止め「お持ち帰りできる」と勘違いするかもしれませんよ。

お持ち帰りされたくてしているのならいいですが、その気がないのにこのような言動をしてしまえば、ハプニングに見舞われてしまうかもしれません。

「そんなつもりじゃ……」では通らないかもしれませんので、絡みすぎな態度や異性との距離感に抵抗を感じない女性は気をつけて下さいね。

 

お持ち帰りされたい女性は、男性が“お持ち帰りOK”と勘違いする言動をすれば、お持ち帰られ率が上がると思います。

興味のない男性からの執拗な誘いに嫌気がさしている女性は、勘違いされる言動がないように気をつけて下さいね。

【画像】

※  nd3000/shutterstock