レアル・マドリーとの契約を延長したDFダニエル・カルバハル

写真拡大

 レアル・マドリーは17日、スペイン代表DFダニエル・カルバハル(25)との契約を2022年6月30日まで延長したと発表した。13日のDFマルセロ、14日のMFイスコに続く契約延長発表となった。

 レアルの育成組織出身で、1992年生まれのカルバハルは2012年、ドイツのレバークーゼンへ移籍。13年夏に買い戻しオプションでレアルへ戻ると、その後はレギュラーに定着している。

 現地時間18日の14時、ホームスタジアムのサンチャゴ・ベルナベウで記者会見を行い、詳細が発表されるという。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集