前年ファイナリストの大坂なおみは元世界1位のケルバーに連勝ならず、初戦敗退 [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)は元世界1位で第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間22分。

 今大会の本戦に3年連続出場となる19歳の大坂は、昨年の大会でWTAツアー自己最高となる決勝進出を果たし、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に5-7 3-6で敗れていた。

 この結果でケルバーは、大坂との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は今月開催された全米オープンの1回戦で初対戦したばかりで、そのときは大坂が6-3 6-1で勝っていた。

 ケルバーは2回戦で、ダリア・カサキナ(ロシア)と予選を勝ち上がったマディソン・ブレングル(アメリカ)の勝者と対戦する。

 大坂は姉の大坂まり(日本)と組んでワイルドカード(主催者推薦枠)でダブルスにも出場しており、初戦の対戦相手はウィンブルドンで4強入りを果たした二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)となっている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」(東京・有明テニスの森)の1回戦で対戦した元世界1位のアンジェリック・ケルバー(左)と前年ファイナリストの大坂なおみ(右)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式