松原良香の南米サッカーレポート(前編)

 熾烈をきわめるW杯ロシア大会南米予選。首位ブラジルこそ早々と本大会出場を決めたものの、アルゼンチンは現在、大陸間プレーオフに回る5位に沈んでいる。ただし、2位ウルグアイから6位チリまでの勝ち点差はわずか4。残り2試合、最後の最後まで手に汗を握る展開になりそうだ。8月31日に行なわれた大一番、ウルグアイ対アルゼンチンを現地で観戦した元日本代表FW松原良香氏に、南米予選の現状を語ってもらった。


激しく競り合うリオネル・メッシ(アルゼンチン)とアルバロ・ゴンザレス(ウルグアイ)

 この試合の前の時点でウルグアイが3位、アルゼンチンが5位。ただ勝ち点差は1でした。ウルグアイの首都モンテビデオのセンテナリオスタジアムは超満員で、アルゼンチンからも多くのサポーターが来ていましたが、入れない人もたくさんいました。

 ウルグアイは、ルイス・スアレスがケガで出られないという話もあったのですが、始まってみたら先発。いつもの4-4-2で、エディソン・カバーニとの2トップでした。対するアルゼンチンは3トップです。
 
 この試合の前後に、ウルグアイのオスカル・タバレス監督の右腕として知られるマリオ(・レボージョ)というコーチに、どういう戦略、考え方で試合に臨んだのか、話を聞くことができました。ウルグアイは予選で3連敗中だったんです。だからメンタルという意味でも、まずは「落としちゃいけない」と。ここで敗れると、「なぜ勝てないんだ」「これじゃダメだ」という雑音も出てくるし、チームが分解してしまう危険性がある。「負けない」ということにもう一度集中して試合に臨むんだと言っていました。

 負けないということは失点しないということです。そして、ここぞというチャンスのときには出ていく。典型的なウルグアイのサッカーですね。

 もうひとつ。ウルグアイとアルゼンチンは目と鼻の先なので、お互いの情報も入りやすい。アルゼンチンとすると、絶対に勝たなきゃいけない試合。プレッシャーがあるのは彼らのほうです。それをうまく利用して1発を狙う。そういう状況をうまく取り入れる賢さが彼らにはあります。ちなみにスアレスとカバーニにどんな指示を出しているのか聞くと、「ほとんど出してない」と言っていました。「彼らにはそれは必要ない。ただし情報は与える。ここにスペースが空きやすいとか、こうなると裏を取りやすい、とか。あとは彼らに任せている」とのことでした。

 案の定、チャンスを作ったのは、スアレスとカバーニが前線からプレッシャーをかけてボールを奪い、そこからショートカウンターという形でした。しかも1人が行ったら1人が戻るというような連動があって、それができるのがウルグアイの強さなんだと思います。

 一方のアルゼンチンは、やはり点がほしいので、メッシを中心に攻撃を仕掛けるのですが、それに対してのブロックの作り方とか、スペースの縮め方がウルグアイならでは。CBのディエゴ・ゴディンとホセ・マリア・ヒメネスはアトレティコ・マドリードで一緒にやっているし、そこに若手のDFも加わり年齢的にも非常にバランスがいい。


メッシをマークしたウルグアイ代表アルバロ・ゴンザレスと松原良香氏

 ラインの整え方を微妙にゴディンが調節しており、状況に応じて全体がボールを中心に動いている。いつ、何を、どのようにしなきゃいけないかが、チーム全体として一人ひとりに染み付いているんです。

 もちろんメッシは狭いスペースに入っていくのが抜群にうまいし、わかっていても取れないというシーンはあるのですが、それへの対応の仕方もわかっている。この試合でメッシをマークしていたボランチのアルバロ・ゴンザレスには、2日後にあったナシオナル対プラサ・コロニアの試合を見ながら話を聞きました。メッシやネイマールといった相手のエースをつぶす役割の典型的なウルグアイ人で、アルゼンチン戦でイエローをもらったので(累積で出場停止となり)所属のナシオナルに戻ったわけです。

 ゴンザレスに「メッシはどう?」と聞くと、「うまいよ。半端じゃない、天才だ」と答えました。ただ、「アルゼンチンはどうだった?」と聞くと、「それほどやりにくくはなかった」と言うのです。

 理由のひとつは、ウルグアイ人は、アルゼンチンとかブラジルとか、相手が強くなればなるほど燃えるということ。ウルグアイは小国で人口は340万人しかいない。アルゼンチンは4000万人強でブラジルは2億人。だから「絶対負けないんだ」というのがウルグアイ人の気質だとゴンザレスは言うわけです。下から突き上げるようなマインドです。

 もうひとつは、アルゼンチンにはいろいろ優れた選手がいるけれど、「結局はメッシなんだ」と言うんです。だからメッシをコントロールしておけばそんなに怖くはない、と。どこにメッシがいてもケアをするし、彼が中盤から入ってきたときは自分がつかまえるのが役割だと話していました。

 試合は結局、0-0で終わりましたが、最後の20分間は、ライバルのチリがパラグアイに負けていることがわかったので、「ゲームをコントロールした」と言っていました。残り20分でアルバロ・ゴンザレスはマティアス・コルホという選手と交代したのですが、たぶんコルホは1回もボールに触らなかったと思います。引き分けでウルグアイはOK、アルゼンチンもOK。その時点でゲームは終わっていた。次の試合に勝てばいいという割り切りは、南米独特ですね。

 ところがどっこい、です。

 9月5日、ウルグアイはアウェーのパラグアイ戦に1-2で勝ちました。イエローで出場できないアルバロ・ゴンザレスに代わって、タバレス監督が抜擢したのはフェデリコ・バルベルデ。レアル・マドリードから今季はデポルティーボにレンタルされた19歳です。そのバルベルデが先制ゴールを決め、ウルグアイは2位に浮上しました。

 ウルグアイ代表についていえば、タバレス監督はフル代表のほかU-15、U-17、U-20とすべての代表を見る総監督的立場にあるので、そういう若い選手も見ている。選手を引き上げるのもスムーズだし、循環させる仕組みができていることが強さを支えていると思います。

 一方のアルゼンチンはホームに最下位のベネズエラを迎えた。勝てると思っていたでしょうね。ところが先制され、追いついたものの1-1の引き分け。チャンスは作っているけど、決められないで終わりました。

 アルゼンチンが勝てない要因のひとつは、やはりメッシにあると思います。バルセロナでメッシが活躍できるのは、メッシ以外のところが機能しているから。代表チームでそういうオプションを作っていくには、時間がなさすぎるんだと思います。だから、メッシのところにすべてのボールが集まってしまう。メッシ以外の選手が、ふだんユベントスやインテル、マンチェスター・シティでやっているようなプレーができれば、アルゼンチンは変わるでしょう。

 ウルグアイ対アルゼンチン戦の後、僕はプラサ・コロニアというクラブで視察、勉強するため、コロニアという町に滞在していました。アルゼンチンとの国境に近く、アルゼンチンのテレビが見られるのですが、ちょっと選手が気の毒になりました。「メッシはダメだ」「パストーレはなんだ」と、言われ続けていましたから。

 ただ、今回の予選が混戦になっているのは、南米サッカー全体のレベルアップも大きな理由です。例えばベネズエラは、5月に行なわれたU-20W杯で躍進。今回アルゼンチン戦に出た選手の平均年齢も22〜23歳です。育成と強化の成果が間違いなく出てきています。ロシアW杯には出場できなくても、この経験が次のW杯では必ず生きてくる。たぶんエージェントがこれから、ベネズエラの選手をどんどんヨーロッパに連れていくと思います。

 ヨーロッパの5大リーグの得点王ランキングを見ていると、トップ5の約3分の1は南米出身。選手のレベルは間違いなく上がっていると思います。
(つづく)

■海外サッカー 記事一覧>>