自由にのびのび生きているつもりでも、実はいろんなコトに縛られているのかもしれない。そう思ったのは、Marco Melgratiの描いた「社会の闇」を感じる作品に出会ってから。

彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社・SNS・お金など、私たちの心を蝕むのは決して一つじゃない。

本当の「支配者」はダレ?

「見て見て〜!パシャっ!」よく見る光景だけど……。

丸見えなプライベート

自分が思っているよりも人に見られているんです。

お手軽なサラリーマン

いつでも取り替え可能。

あなたを喰らうのは?

社会で働くのなら、たくさんのハイエナと戦う覚悟が必要。

お金のチカラ

お金は時に、人間を操り人形にさせる。

うわべだけのリア充

虚しさ倍増。

大嘘つき

世の中で、偉いと言われている人の話。でも、どこまでが本当なのか。

息苦しい社会

このまま働いていたら、ロボットになってしまうかも。

勝手な評価はいらない

本当にイイかどうかは、自分で決めるもの。

心のSOS

本当に頼りにするべきなのは、クスリじゃないのかもしれない。

Licensed material used with permission by @salzmanart