優勝争いにも残留争いにも絡まないFC東京とベガルタ仙台の一戦で注目されたのは、FC東京の監督交代劇だった。前節、セレッソ大阪に完敗を喫すると、FC東京は篠田善之監督の解任を発表。後任に安間貴義コーチを昇格させた。


4試合ぶりの勝利に大久保嘉人(中央)も笑顔を見せたのだが......

 現在48歳の安間監督だが、指導キャリアはすでに16年を数える。現役時代はJFLの本田技研(現Honda FC)でプレーし、引退したのは2001年――まだ32歳のときだった。翌年から監督の大役を任されると、見事にチームを優勝に導いた。そのころ、駆け出しの記者だった筆者はJFL担当を任されており、初めて取材したのが安間監督率いるHonda FCの試合だった。

 それまでの記録を見るにつけ、ほとんどの試合で完封勝利を収めており、その試合でも見事に無失点で終えていた。だから試合後、安間監督に「守備が素晴らしいチームですね」と投げかけると、ちょっとむっとした表情で「うちは攻撃のチームですから」と返されてしまった。

 認識不足で無礼を働いたわけだが、つまり、安間監督は指導者のキャリアを歩み始めたころから、攻撃に対する揺るぎない信念を備えていたのだ。

 その後、ヴァンフォーレ甲府時代には、革新的な攻撃サッカーを展開する大木武監督のもとでコーチを務め、自らが監督となってからもそのスタイルを引き継いだ。カターレ富山を率いたころも、結果こそ出なかったものの、ポゼッションを重視した攻撃スタイルで魅力的なサッカーを展開していた。

 篠田監督率いる今季のFC東京は、簡潔に言えばトランジション型だった。攻守の切り替えを徹底し、ボールを奪えば素早くシンプルに相手ゴールに迫る。間断なくトランジションを繰り返すサッカーは、よりフィジカルが重視され、比較的ベテランが多く、個人スキルの高い選手が揃うFC東京には不向きと思われた。そして案の定と言うべきか、戦力に見合った結果を出せず、シーズンの終了を待たずして解任の憂き目にあっている。

 一方で安間監督のサッカーは、あらゆるエリアで数的優位を作り、ボールを保持する時間をいかに長くできるかが求められる。監督交代からわずか1週間、ある意味で対極なスタイルをFC東京はどこまでピッチ上で表現できるのか――。この試合の焦点は、まさにその1点に尽きた。

 前半からボールを大事にする意識は見えた。最終ラインから丁寧につなぎ、ボールが前に出せないと判断すれば、いったんバックパスで再構築を狙う。しかし、縦に急いだこれまでとは正反対のスタイルを、ファンはうまく受け止められなかったのだろう。その行為を消極的と捉え、バックパスをするたびにブーイングが鳴り響いていた。

 もっとも選手たちは、しっかりと意図をもってプレーしていた。MF郄萩洋次郎は言う。

「ちょっと探り探りの部分もありましたが、みんなが同じ意識でやれている。バックパスしてもその後、早くサポートすることを徹底していたので、ボールがGKの位置まで下がったとしても、問題だとは感じていないです」

 ただし、意識の統一はあっても、クオリティが備わらなかった。ショートパスをカットされ、カウンターからピンチを招くことも少なくなかった。

 それでも後半に入ると、バックパスや横パスよりも縦パスの意識が増し、ボランチの郄萩も高い位置でプレーする機会が増加。その積極性で相手を押し込み、コーナーキックを得る機会が増えると、その中の1本をゴールに結びつけ、1-0で4試合ぶりの勝利を手にしている。

 ミスも多く、流れのなかからはそれほどチャンスを作れなかった。洗練されていたとは言えないものの、わずか1週間の準備期間でFC東京のサッカーは確かな変化を示していた。

「ひとりひとり能力の高い選手が多いので、やることがはっきりすれば、そこに向かって100%の力を出せるチームだと思う。だから不安はなかったですね」

 郄萩は新たなサッカーに、小さくない手応えを掴んでいるようだった。

「初めてこのチームですっきりした試合だった。今後につながっていくと思う」

 いつもは辛口なFW大久保嘉人も、この日は笑顔で振り返っていた。

 前体制下ではストレスの溜まる戦いを続けていたFC東京が、ひとつの希望を見出した。その意味でクラブが下した監督交代の決断は、ひとまず奏功したと言えるだろう。

 しかし、ここでひとつの疑問が浮かんでくる。果たしてこの前向きさは、どこを目指しているのだろうか。安間監督はあくまで”暫定”に過ぎず、すでに来季の監督候補の名前がメディアを賑わせている。おそらく安間監督は今季限りでその任務を終えるだろう。つまりは今季を乗り切るための一時的な措置に過ぎず、”場つなぎの改革”であるということだ。

 現在10位のFC東京はすでにリーグ優勝は絶望的で、ACL出場権の確保も厳しい状況にある。ルヴァンカップも、天皇杯もすべて敗れ去っているのだ。モチベーションを見出せない一方で、来季、さらにはその先へ向けた準備を進めるには絶好のタイミングにある。毎年のように監督交代を繰り返し、その都度スタイルが二転三転するこのクラブに求められるのは、揺るぎない信念のもとに進められる継続性ではないかと思う。

 今季のリーグ戦は残り8試合。単にやり過ごすだけでは、あまりにももったいない。

■Jリーグ 記事一覧>>