決定力という言葉を聞いて、今季ハノーファーで真っ先に思い浮かぶ名前といえば、ここまでチーム総得点のうち6割を決めているマルティン・ハルニクだ。ハンブルクとの北部ダービーでもゴールを決め、勝利へ貢献したベテランFWが語る…

…ハンブルク戦について
「前半については苦しんだね。あまりチャンスらしいチャンスをつかめずにいたよ。ただ不幸中の幸いだったのは、フェリペが退場したあとで、僕たちはしっかりとその穴埋めができたということだ。代わりに入ったベブーは、僕からみればこの試合のマン・オブ・ザ・マッチだったと思う。彼は本当にチームに好影響をもたらしてくれたよ」

…ここまでハノーファーの総得点5点のうち3得点
「最近は、しっかりと僕はいるべきところにいる事ができていると思う。確かに運もあるけどね、でもそれだって、僕たちが努力してつかみとった結果でもあるのだから」

…昇格組ながら順位表の上位に
「あくまで一時的なものだよ。この世界は僕も長いし、僕たちはちゃんと自分たちの立ち位置について理解できている。ただそれでもうれしくは思っているけどね、ただうかれているというわけではないし、自分たちことはしっかりとわきまえているよ」

…ハノーファーは目標として残留を掲げているが
「間違いなくそうだよ。それ以外のことは見ていない。僕たちはとても精力的に取り組んでいるし、冷静さも失ってはいないんだ。次のフライブルク戦は、自分たちと同じレベルにあるクラブとの対戦だよ。僕たちはしっかりと全力を出し尽くさないと。勝つ事が当然のように思うことは決してあってはならないことだ。」