1972年初場所の北の富士と貴ノ花との一番(写真:共同通信社)

写真拡大

 相撲が好きな人ならば、誰しも必ず「忘れられない一番」があるはずだ。横綱同士の力のぶつかり合い、小兵力士が技術で巨漢力士を圧倒した一番、そして勝負以上に人を惹きつける土俵上での人間ドラマ。どんなに時間が経っても色褪せることのない一番は何か。1970年代の名勝負を6番、紹介しよう。

○貴ノ花(寄り切り)北の湖● 1975年春場所千秋楽
「『角界のプリンス』悲願の初優勝、大量の座布団が乱れ飛んだ一番」

 本割で北の湖が勝ち、13勝2敗で並んでの優勝決定戦。貴ノ花に対する大声援の中で、貴ノ花は低い体勢から必死の寄り切りで勝利、悲願の初優勝。大量の座布団が乱れ飛んだ。優勝旗は高砂審判部長(元横綱・朝潮)が渡すべきところだったが、協会の計らいで、兄であり師匠でもある二子山審判部副部長(元横綱・若乃花)から渡された。

○輪島(下手投げ)北の湖● 1974年名古屋場所千秋楽
「北の怪童に炸裂した『黄金の左』、『輪湖時代』の幕開け」

 横綱・輪島に対して「北の怪童」大関・北の湖が台頭。本割では輪島が勝ってともに13勝2敗の優勝決定戦に。北の湖が右の上手をとって前に出ると、輪島は右を絞って両差しになり、巻き替え後、北の湖の左外掛けを輪島が「黄金の左」による下手投げで逆転優勝。この場所で北の湖は横綱に昇進。琴桜と北の富士の両横綱が引退し、「輪湖時代」が始まった。

○北の富士(浴びせ倒し)貴ノ花● 1972年初場所8日目
「その右手は『かばい手』か」

 北の富士の外掛けを倒れながら貴ノ花が上手投げ。北の富士が伸ばした右手が「かばい手」かどうかで物言いがついた。結局かばい手となり、25代・木村庄之助の差し違えと判断されたが、庄之助は異例の抗議を行なった末に辞職。

○麒麟児(上手投げ)富士櫻● 1975年夏場所8日目
「天覧相撲での激闘」

 両力士の激しい突き合いで始まり、両者血まみれになりながらの攻防が続く。双方繰り出した突きは合計108発。最後は麒麟児がとっさに繰り出した上手投げで決まった。天覧相撲での歴史に残る名勝負。

○魁傑(すくい投げ)旭國● 1978年春場所7日目
「『最長』10分19秒の一番」

 小兵の旭國と苦労人の魁傑との一番は2度の水入りで、結びの一番のあとに取り直しとなった。しかしそこでも水入りとなり、合計10分19秒の大相撲となる。NHKが放送時間を25分延長した。

○北の湖(つり出し)輪島● 1977年春場所千秋楽
「北の湖、初の全勝優勝」

 北の湖の右上手投げと輪島の左下手投げの打ち合いが続き水入り。再開後に北の湖が慎重につり出した。3分を超える大相撲で北の湖は横綱として初の全勝優勝。「憎らしいほど強い」黄金期を迎える。

■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2017年9月29日号