マンUのスカウトがサウールとナインゴランを視察? 来夏の獲得を画策

写真拡大

 マンチェスター・Uが来夏にローマ所属のベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとアトレティコ・マドリード所属のスペイン代表MFサウール・ニゲスを獲得するべく、視察のためにスカウトを送り込んだようだ。17日付でイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 今回、マンチェスター・Uのスカウトが視察したのはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節のローマ対アトレティコ・マドリードの対戦。グループステージ屈指の好カードとして注目を集めていたこの試合だ。サウールとナインゴランはともに先発出場を果たしていた。

 同紙によると、ジョゼ・モウリーニョ監督は今シーズン出場機会の限られている元イングランド代表MFマイケル・キャリックの退団ないし引退に備えての補強案として両選手の獲得を望んでいるようだ。