トランプ米大統領はツイッターで北朝鮮の金正恩氏を「ロケットマン」と称した。資料写真。

写真拡大

2017年9月18日、匯通網によると、トランプ米大統領はツイッターで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)氏を「ロケットマン」と称した。

トランプ大統領は自身のツイッターアカウント上で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話会談した際に金氏を「ロケットマン」と呼んだことを明らかにした。

ここ数週間で国連安保理は2つの決議を批准し、北朝鮮の核実験実施や対北朝鮮の石油製品輸出制限といった制裁が強化されることになった。米国のヘイリー国連大使は北朝鮮が圧力を感じ始めたと語った。

ティラーソン米国務長官が北朝鮮が建設的かつ有効な会談に興味を示すことを待ちたいとする一方、ヘイリー大使は北朝鮮の挑発に対して今後米国がより強硬な姿勢を見せるだろうとした。マティス国防長官は北朝鮮の核実験後に「米国は大規模な軍事反応により、北朝鮮によるいかなる脅威にも対応する。この反応は有効かつ圧倒的なものだ」と語った。

トランプ大統領が8月に「もし北朝鮮が挑発を続けるようなら、炎と怒りに直面することだろう」との強い姿勢を見せたことについて、ヘイリー大使は「トランプ大統領の北朝鮮に対する話は口先だけのものではない」と述べている。(翻訳・編集/川尻)