「どうして燃えないの!?」 炎をかき分ける天狗の姿に、驚嘆の声が続出!

写真拡大 (全8枚)

夜の闇が深まる中、炎をかき分けるように堂々と歩を進める天狗。

撮影者である克さん(@katuka2)は『laufen』という音楽プロジェクトでギター、エンジニア、サウンドプロデューサーを担当しています。

これらの写真は「音楽と共に北海道の魅力を伝えたい」という思いから撮影されたものです。

迫力ある写真に、ハッと息をのんでしまいますね。一体これは何を表した光景なのでしょうか。

天狗の火渡り

こちらは『天狗の火渡り』といって、北海道・古平町で7月と9月に開催されるお祭りのメインイベントです。

朱色の装束に身を包み、お面をかぶった天狗『さるたひこ』の先導で町内を歩くことで、ご神体を清める儀式なのだそう。

太鼓と笛の音が軽快に響き渡る中、約3mの火柱にためらいもなく突き進んでいく天狗。その勇ましい姿に魅了されるファンは多く、例年千人近い観客が訪れています。

克さんの投稿に「ぜひ生で見てみたい」と興奮するコメントが続出しました。

かなり驚いた。CGみたい!炎と天狗がマッチしていてかっこいい。こんな素晴らしい催しがあるなんて知らなかった。来年は絶対行く!

また、お祭りには天狗のほかに、獅子舞を操る少年や神輿が火渡りをする儀式もあるのだそう。

いずれも安全に儀式が執り行われるよう、消防隊員や消防車がそばで待機しています。

古来から、たくさんのお祭りが存在している日本。私たちの知らない『魅力あふれるお祭り』は、各地にまだまだたくさん存在していそうですね!

[文・構成/grape編集部]