江戸時代は富札や賭博もあれば町金融もあった。高利貸「烏金」に借りたらさぁ大変!

写真拡大 (全2枚)

一攫千金を願う人は江戸時代にも多かったようです。享保末期に幕府が富札の販売を公認したら、あっという間に大人気に。有名だったのは、谷中感応寺・湯島天神・目黒不動の3ヶ所で、江戸の三富と呼ばれていました。寛政2年には、さらに22の社寺で富興行が催され、たいそう賑わっていたようです。

富札の当たりはどうやって決めるの?

まず、売りだされた札と同じ番号が記された木札が、箱の中に入れられます。そして、上の穴から大錐(きり)で突いて当たり札を決めるのを100回繰り返します。最後の100番が大当たり!といっても99番までも賞金付きなので、さぞかし盛り上がっていたことでしょう。

富札のように公認じゃない賭博もあり、道端でも賭場が開かれていました。いろんなところで開かれているので、さすがに幕府も取り締まる余裕もなく、野放し状態に。そして賭け事が増えると、借金せざるを得ない状況になる人も出てきます。知りあいがお金を貸してくれたらひと安心ですが、そうもいかないときは、街の金融業者に頼ることになります。

困ったときは金融業者

江戸には、公的な金融機関はありませんでした。武士は札差(ふださし)、町人は座頭(ざとう)などの高利貸しに借りにいきます。ちなみに札差は旗本・御家人に将来の俸給米を担保にして高利でお金を貸すところで、座頭は盲人(座頭)が高利でお金を貸し付けるところです。盲人の生活保護のため彼らに金融業を認めていたけど、返済が滞っている人のところには集団で押しかけて騒ぎ立てるのだそう。

元文元年から天保13年までは15%、それ以降は12%でしたが、あれやこれや言ってはもっとせしめていたようです。質屋の利息は、2割〜5割。衣類ならば、8ヶ月以上経つと質物が流されてしまいます。

有名な高利貸といえば烏金

烏金(からすがね)は、翌朝烏が鳴くまでに返さないといけないお金という意味で、一昼夜を期限として高利で金を貸す業者です。借りた日の翌日には返すのが決まりでした。利率は1日に2、3%〜1割と、かなりの高金利。そんなに高金利なの?返済できるの?と思いますが、賭場の資金を借りる人もいたようです。賭場でもうかったら、無事に返済できてさらに手元にもお金が残って万々歳ですが、だめだった場合はやはり知り合いを頼っていたんでしょうか。

賭け事は、こういったリスクも付き物ですが、それでも一攫千金を夢見てしまうんでしょうね。

参考文献:大江戸ものしり図鑑