デートや女子会などで、秋の味覚を食べるのが楽しみになる季節♡今の時期、カフェでも秋が旬の食材を使った、季節感のあるメニューがたくさん登場します。今回は、カフェで食べたいおいしい秋メニューを紹介します。

かぼちゃを使った色鮮やかなメニュー



出典:shutterstock.com

かぼちゃは一般的に夏に収穫され、2〜3ヶ月ほど経った秋においしく食べられる野菜。時間が経つと糖分が増して甘味を感じやすくなるため、かぼちゃのシチューやスープなどの料理だけではなくスイーツにもよく使用されます。デザートでは、プリンやケーキなどが人気です。しょうゆやみりんで煮つけたかぼちゃを生地のなかに入れたケーキや、かぼちゃとラムレーズンを合わせてつくったパウンドケーキは、秋になったら1度は食べたいスイーツ♡かぼちゃスイーツは色も鮮やかで、インスタ映えも期待できちゃいますね♡

さつま芋を使ったカフェメニュー



出典:shutterstock.com

安納芋や紅あずま、五郎島金時など品種が多いさつまいもも、夏から収穫が始まり秋に旬を迎える食材です。品種ごとに食感が異なるため、同じ焼き芋でもさまざまな味わいが楽しめます。裏ごししてスイートポテトにしたり、春巻きの皮で包んで揚げたり、アイスクリーム、ケーキ、クッキーなど、幅広くスイーツとして活躍するさつまいも。安納芋のショコラパフェ、紫芋のスムージーなど、お家ではなかなか味わえないカフェならではのメニューを、探してみてはいかがでしょうか?

バリエーション豊富な栗メニュー



出典:shutterstock.com

9〜10月が旬の栗は、丹波栗や恵那栗などブランド化への取り組みが進んでいる食材です。細かく刻んでパスタなどのトッピングとして使用されたり、グラタンやポタージュ、スイーツなどいろいろなメニューがあります。あずきとの相性がいいので、和風スイーツメニューがあるカフェも多くありますよ。

いちじくを使った大人メニュー



出典:shutterstock.com

いちじくは、夏にかけて実がなるもの、秋にかけて実がなるものの、両方の季節に実がなるものの3種類があり、夏から秋までが旬の食材です。そのまま食べてもおいしいですが、ピューレ状にしてクリームなどと組み合わせても相性がよく、トッピングによく使用されています。

カフェでは、ぷちぷちとした食感がやみつきになるケーキ、カットいちじくやドライフルーツなどをパンケーキにのせ、ふわふわのクリームチーズと合わせたスイーツなど、大人っぽい味のメニューが人気です。ブランドいちじくの「とよみつひめ」を使用したパイを期間限定で販売するところもあります。

ハロウィンと合わせた限定メニューなど、秋しか食べられないメニューがたくさん出ています。人気カフェでインスタ映えするような、おいしくておしゃれな秋メニューを堪能しませんか?