「謎肉」の正体がついに明かされる!?

写真拡大

日清食品は2017年9月18日、カップヌードル発売46周年ならびに新商品「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭W」の発売を機に、かねてより「謎肉」という愛称でファンに親しまれてきたカップヌードルの具材「ダイスミンチ」の正体を明らかにした。

漫画のラストで正体が明らかに!

「ダイスミンチ」はおいしい一方で、その正体が不明だったことから、2005年頃から一部のネットユーザーの間で「謎肉」と呼ばれていた。このたびその正体がついに、特設サイト内のWEB漫画で初めて明らかになった。

特設サイトでは、青山剛昌氏の大人気ミステリー漫画「名探偵コナン」のスピンオフ漫画「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」とコラボレーションしたWEB漫画「名探偵コナン 犯人の犯沢さん〜謎肉の正体〜」を掲載。同作品のキャラクターである「黒い犯人」こと犯沢さんが、謎な存在ゆえに「謎肉」を愛する主人公として、その正体に迫るというストーリーを展開する。

謎肉の正体は......

主人公の犯沢さんがその謎に迫ったカップヌードルの具材、「謎肉(ダイスミンチ)」の謎の正体は――「大豆」!

「謎肉」は、肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたミンチだったのだ。

漫画の中に登場する日清食品の宣伝部長曰く、動物由来と植物由来の原材料を合わせた「謎肉」は、来たる世界の食糧危機に対応した「近未来ハイブリッドミート」なのだという。

漫画の気になる「結末」はWEBで!