勝利したPSG【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間17日にフランス・リーグアン第6節の試合が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)はリヨンと対戦し2-0の勝利をおさめた。ゴールはいずれも、相手のオウンゴールによる得点となっている。

 新加入のネイマールとキリアン・ムバッペ。そしてエディンソン・カバーニの強力な攻撃陣3人は先発出場。試合開始して75分、ジオヴァニ・ロ・チェルソがゴール前に向けてクロスを入れるとカバーニが触って軌道を変える。さらにリヨンのマルセロ・アントニオの足に当たったことでボールはゴールに吸い込まれた。

 79分にもPSGに追加点のチャンスが訪れたが、カバーニはPKを決めることが出来ず。それでも86分、DF裏に抜け出したムバッペがシュートを放ち、GKアントニー・ロペスがクリアしたボールがジェレミ・モレルに当たって跳ね返りボールはゴールに吸い込まれた。結局、相手のオウンゴール2つによりPSGは2-0の勝利をおさめている。

text by 編集部